« 春待ちわびる同居人たち | トップページ | 暁に祈る »

2011年2月28日 (月)

波止場の猫

 この週末はは暖かな日が続きましたね。でも、暖かな陽気は恩恵だけをもたらすわけではありません。杉花粉が折からの風に乗って大量に飛散しているようで、目はかゆいし、くしゃみはひどいし・・・特に防備もせず散発に出かけたところ、刈ってもらっている途中もくしゃみを連発、鼻水だらだら。困ったものです。

 午後になって、暇つぶしに地元の堤防に行って釣り人の様子でも眺めようとしたのですが、西風が強く波が防波堤を洗って釣りどころではありません。相模湾は東と北の風には強いのですが、南と西の風に弱いという特徴がありまして、特に西風が吹くと三角波が立ち、沖で釣りをしていても突如西風が吹き出して早上がりになってしまうケースが多々ありました。

Dsc01522 右側(西)に西風が吹き付けて大荒れなのがお分かりでしょうか。

 港には猫の姿が似合いますが、この小さな堤防の周辺にも多くの野良猫たちが住着いております。毎日ここへやって来ては椅子を並べて将棋をさしたり小宴会を楽しんでいるおじさんたちに餌をもらったり、釣り人におこぼれをもらっているので、人懐こい猫が多いのです。釣りを終えて、荷物をまとめて車に戻ろうとすると、「ニャ~」とか細く鳴いてすり寄ってくるおべっか使いもいます。が、中には人には気を許さない野生児もいるものです。

 この日は先述のように海が荒れ模様でしたので、人がいなければそれ目当ての猫たちの姿もありません。1匹だけ大柄の猫がいて、私が防波堤に近づくと船の下に逃げ込んでしまいました。

Dsc01521 なかなかの面構えです。

でも、こんな小憎らしいヤツでも、しばらくして戻ってくると・・・

Dsc01525 日当たりのよい漁具の上でお昼ねタイム

Dsc01529 近づいてカメラを向けても全然動じませんね。

 猫が見せる表裏ある表情は面白いものですね。私は愛犬党なのですが、愛猫党の気持ちも分かるような気がしました。

« 春待ちわびる同居人たち | トップページ | 暁に祈る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぬこ!

なに?!

昔良くラバーシンカーで猫釣りをやったものです。
食いつき(飛びつき)はかなり良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波止場の猫:

« 春待ちわびる同居人たち | トップページ | 暁に祈る »