« 松田山の早咲き桜 | トップページ | 都心からの脱出 »

2011年3月12日 (土)

観測史上最大の地震!!

 3月11日(金)14時45分頃、宮城県を震源とするマグニチュード8.8という明治以降の観測史上最大という大地震が発生し、その後の余震、大津波と併せて東北、北関東に大被害をもたらしました。

 私は東京・赤坂の職場で執務中だったのですが、折からの揺れに書類は雪崩れうち、飲み物はこぼれ、職場はパニックに陥りました。夜にかけて余震が続き、緩い揺れを感じると「またいつドカンと大きいのがくるのか」という恐怖を絶えず感じるような状況でした。

 自宅及び実家に電話をかけて安否を確認しようとしたものの、なかなか繋がらない状況で、夕方ようやく確認がとれ、まずは一安心。大揺れのとき、長男は学校、天然児は何故かお風呂で大爆笑だったとか

 東海道線をはじめ、関東一円の交通網が麻痺してしまったので、帰宅不能者の一人として職場に泊まることに。幸い近くの居酒屋は営業をしていたので夕食をとり、ダンボールの上で夜を明かして、未だ余震の続く中、こうしてキーボードを叩いています。ネットやテレビから報じられる東北の被害状況は相当のものらしく、死傷者の多さに心を痛めております。東北にも知人や同僚がいるのですが、皆さんの無事を祈る次第です。

 昔から南関東や東海にいつかは来るであろうと言い聞かせられてきた大地震を、全く想定外の形で体験することになりました。自分自身パニックで、適切な対応は出来ませんでしたが、貴重な経験になったと思います。

 交通状況も徐々に回復してきたようです。どれだけ混雑しているか不安ですが、そろそろ帰宅することにしましょう。最後に安否確認の電話をもらった友人に感謝、感謝です。

« 松田山の早咲き桜 | トップページ | 都心からの脱出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とりあえず無事でよかったよ・・・。
しっかし、ドコモ使えねぇ~!!!!!
こういうときにしっかり使えるようにしてくれないと!!

震源地から数百キロ離れた関東でもあの状態です。被災地のことを思うと胸が痛みます。また今回の津波の恐ろしさ、破壊力はものすごいですね。数年前のスマトラ、インド洋大地震津波の地獄絵が思い出されます。
NTTも今回を教訓にシステムの見直し、改良を行っていくでしょう。

M9.0に変更されましたね。2004年のスマトラ島沖と同じですね。
岩手の沿岸では、町毎崩壊してしまっています。
大磯町も高台と平坦部と分けて、機能させた方がよいのかと思いました。
(高台のみだと普段の申請類が不便。平坦部のみだと津波などの災害時に支障が出る)

分散はそれはそれで、不便があるのでしょうが・・・。

おっしゃるとおり、沿岸部は町全体が壊滅していますね。被害状況が把握しづらかったり、指揮系統も消滅するでしょうから、自治体の枠を越えた横断的な復旧活動が出来ればよいですね。大磯町もいざというときは国府支所が機能できるようになればよいですね。
計画停電も発表されました。出勤も自粛しますかね。

今さらですが無事でなにより。
こちらも自宅が余震断水停電のため、会社に泊まりました。
家族ともども気をつけてくれい。

お久しぶりです。
昨日の地震は大きかったでしょう。茨城方面は地震もそうですが、津波も怖いですね。
この週末もどこかでありそうな予感・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観測史上最大の地震!!:

« 松田山の早咲き桜 | トップページ | 都心からの脱出 »