« 湯のまち修善寺 | トップページ | 観測史上最大の地震!! »

2011年3月10日 (木)

松田山の早咲き桜

 3月5日土曜日の伊豆からの帰り道、沼津から東名高速に乗って神奈川に入り、下り坂を大井松田ICに下ってくると左手の山が何やら賑やかである。山の中腹が一面ピンク色になっている。「まつだ桜まつり」の会場である。http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~matsuda/2010sakura.htm(松田町観光協会HP)

 松田山の中腹に西平畑公園という公園があり、平成8年に町民の手で植樹された河津桜が今や立派に成長して、毎年ソメイヨシノよりは1月早い3月上旬に満開となる。当然桜には目が無い日本人のことであるから、NHKの朝のニュースに中継されもしたら人が押し寄せることになる。早咲きの河津桜は伊豆の河津町が昔から有名であるが、何せ伊豆は遠い。それに比してここ松田町は東名大井松田ICから近く、小田急線新松田駅は新宿から1時間余りで来れる。これといって名所が無かった松田町としては大きな観光資源となったわけである。まさに桜の恩返しである。

Dsc01607 河川敷駐車場より松田山を仰ぐ。左のやっこは松田町大名行列にちなむ。

 3月6日(日)午後、桜祭りの会場へは松田駅からも徒歩で行ける距離ではありますが、気まぐれマイカーツアーの我が家は河川敷の臨時駐車場に駐車し、富士急行のシャトルバスで西平畑公園の会場に向かいます。バスは途中松田駅に寄り、電車組の客を乗せると満員であります。

Dsc01602 河川敷に待つ富士急行バス。後方の鉄橋は小田急線

 ジグザグと松田山をバスは登り、10分ほどで公園の駐車場に入りました。下車してみると大勢の観光客で賑わっています。桜は満開ですが、部分的に早くも葉桜となっているところも見受けられます。松田山の面白いところは、桜の根元に菜の花が植えられ、こちらも見頃を迎えておりました。

Dsc01589 桜詣での人で賑わう松田山

Dsc01592 ピンクと黄色のコラボです。

 松田山はこの時期は桜で賑わいますが、ハーブガーデンやお山のSLがあり、富士山や箱根山、足柄平野の眺望は最高なので、桜以外の季節も楽しめます。

Dsc01593 足柄平野の眺望。手前東名高速、中景に御殿場線と小田急線。右上は酒匂川

Dsc01595 ハーブガーデン

Dsc01600 苦しいけど富士山

 桜のトンネルを楽しみながら、松田山を下り河川敷に戻ります。

Dsc01597 見頃やね~♪

Dsc01601 お上品な猫やね~♪

Dsc01604 酒匂川河川敷より箱根外輪山を仰ぐ。左から明神ヶ岳、金時山、矢倉岳

« 湯のまち修善寺 | トップページ | 観測史上最大の地震!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

またぬこだ。

陽だまりでのんびりする猫の姿は早春の光景ではないでしょうか。

桜を見ると春の訪れを感じてうれしいですね。特に早咲きの桜はそれが二度楽しめるのがよいですね。こんなに早咲きの桜が大量にあるのは初めて見ましたのでびっくりしました。
山笑さんは花見とかの予定はあるんでしょうか?

知れたことよ。四谷の桜並木でやりますよー!電車も見れて、女子大生もいる!最高の肴ではないですか。あとは来週伊豆高原で早咲きでも愛でますかな。cherryblossom

山笑さん、地震大丈夫ですか?
私はいち早く関西に帰宅しておりましたので大丈夫でした。

関東はさぞかし揺れたことかと思います。
お大事になさって下さい。

お見舞いありがとうございます。
本当に驚きました。
そして遠く離れた首都圏も交通が大混乱で、やっとこさ神奈川県西部の自宅にたどり着きました。やっと動いた電車も本数が少なく、キューギュー詰めで苦労しましたが、被災地の方々が被った苦労、悲しみを思えば軽いものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/39151822

この記事へのトラックバック一覧です: 松田山の早咲き桜:

« 湯のまち修善寺 | トップページ | 観測史上最大の地震!! »