« 猫間中納言 | トップページ | 熱海の異界、あるいは名所とも »

2011年3月 4日 (金)

通勤電車「サーンライト湘南」?

 この時期は三寒四温と言われますが、今週は真冬に逆戻り。朝の通勤電車の車窓から丹沢の山々が見えますが、鍋割山、塔ノ岳、大山と1千mを越す山々は頭に雪を冠ってしまいました。春の山を楽しむのはまだまだ先のようですね。 

 今年もJR春のダイヤ改正が来週末に迫っております。毎日の通勤にはさほど影響するとは思えませんが、改正直後は微妙なずれに気づかず、いつもの時間に出たつもりが・・・「あれ?遅刻しちゃった!」という場面が毎年繰り返されております。近年では我らが東海道線に湘南新宿ラインなる相互乗り入れ線がBESTな時間帯に割り込んで、私にとっては非常にありがたくない存在となっております。

 さて、7時過ぎに地元田舎駅のホームで電車を待ちます。「不惑」が近づく年齢の大半を地元で過ごしてきましたが、不思議と昔なじみの友人、知人には会わないものです。東京まで2時間もかけて通勤している人間はそういない地域ですから、地元通勤組とは時間が合わないのでしょうね。

 平塚を過ぎると相模川の橋梁を渡ります。相模川の河口辺りが車窓から見えますが、そこには平塚漁港があるのでついつい海が恋しくなります。座席の空きはなくなり、藤沢、大船に向かって混雑の度合いが増してきます。藤沢には小田急江ノ島線と江ノ電が接続しており湘南地域でもっとも乗降の激しい駅であります。巨大な観音様が見下ろす大船には横須賀線と京浜東北線、モノレールが接続して、鎌倉や横須賀など三浦半島方面や沿線工場地帯に向かう人が大勢降りるので、混雑は少し解消されます。

 この大船辺りまでは中学、高校生など学生が多く、他愛のない話題で盛り上がる一方で、爆睡をこくサラリーマン(私か)の隣で参考書を開く子も。この光景は20年経っても変わらないのですね。(私は20年前も寝ていたな・・・)若人よ。よく遊び、よく学べ!立派な大人になって、その頃にはくたびれきっているであろうこの私を養ってくれ!あくまで他力本願な私であります。学生さんのほか、私服通勤のサラリーマンが多いのも大船辺りまで。

 次の戸塚は同じホームに上り方向の東海道線と横須賀線が並ぶことになります。平行して両線の電車が入ると、ものすごい勢いで人が乗り込んできます。横須賀線に乗って三浦半島から来る人たちが東海道線に乗り移ってくるのです。手前の大船が両線の最初の接続駅ですが、乗り換える人が少ないのはホームを跨がなければならないからです。戸塚では目の前に東海道線が停まっていますからドアTOドア5秒です。最速かつ効率的な手段を求めるのが現代人の姿。私は「急がば回れ」・・・ではなく、急いでいません。戸塚を出ると東海道線の車内は鮨詰め状態となります。

 そして沿線最大の都市横浜。京浜東北線、横浜線乗り入れ、横須賀線、京浜急行、相鉄、東急東横線(みなとみらい線)、市営地下鉄と接続も多い!神奈川県西部から乗ってくる人は横浜で降りる人がほとんどです。官庁・オフィス街であるみなとみらい地区、京浜臨海工業地帯などへ通勤する人たちです。横浜は降りる人も多い反面、乗ってくる人は更に多い!乗り切れないのに後から後から乗り込んで来る人をさえぎってドアが閉まってしまいます。なぜなら・・・横浜から東京まで平行する路線の中で東海道線が一番早いからですよ。ここから先は東京へ向かうサラリーマンの独断場です。

 さて、お寿司は大歓迎ですが、鮨詰めの通勤ラッシュはストレス以外の何ものでもありません。ガタゴトガタゴト・・・ギュウギュウ・・・イライライライラ・・・大人たちが裸になって(モチ外見ではありませんよ)本性むき出しでぶつかり合う東海道線の山場でございます。「いたたたた」「降りまーす!降りまーす!降ろしてぇぇぇぇぇ!」「おいカバン引っ込めろよ!」女が叫び、男が怒る。そして何より、電車がカーブやブレーキをかけるときに起こる車内数十人が発する「フッ!ムッ!」という踏ん張りの気。ふと目が覚めると座っている私の足の間にお姉ちゃんが立っていることも(これこそ本当の山場!)夢か幻か・・・これが夢ならば覚めないでくれ~~

 「汽笛一声新橋をはや我が汽車は離れたり、愛宕の山に入りのこる月を旅路の友として」都内に入った証である嫌なメロディーが私の惰眠を妨げます。(鉄道唱歌は好きですけどね)鉄道唱歌の歌詞は鉄道事始めの起点新橋をうたっていますが、品川駅のメロディとなっています。今や新幹線も停車し、東京の西の玄関口に発展した品川ならではですね。「まもなく新橋、新橋です。」あー、もうすぐ職場だ・・・

 最後に。こうして長々と通勤風景を書かせていただきましたが、実際9割9分は湘南田舎駅を出て10分、平塚を出る頃には睡眠に落ちますので、断片的な記憶の中から書かせていただきました。以上、夜の夜行快速「ムーンライトながら」ならぬ、朝の睡眠鈍行「サーンライト湘南」でした。

« 猫間中納言 | トップページ | 熱海の異界、あるいは名所とも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>サーンライト湘南
デイドリーム湘南の方が良いのでは?
(゜∀゜)

あれは夢だったのか?
たとえ夢ならば覚めないでほしい・・・

今日は残党さんと伊豆探訪に行ってきました。
乞うご期待!

はい書く!すぐ書く!

わしももうすぐで。。。

先週のツケ分まで週末出掛けたので、疲れて更新できなかったっす。スイマセン。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車「サーンライト湘南」?:

« 猫間中納言 | トップページ | 熱海の異界、あるいは名所とも »