« 山行 小さなアルプス三峰山 | トップページ | 不動尻ハイキングの前に(恐怖編) »

2011年3月25日 (金)

山行 三峰山から煤ヶ谷へ

 前回で煤ヶ谷まで一気に書き込んでしまおうと思いましたが、疲れて寝てしまいました。既に三峰山南峰に立ったので中身は薄いのですが、最後までレポします。

 三峰山南峰の山頂で昼食をとり、12時40分に出発。中峰を経由して北峰を目指すことにした。南峰からの下りは急な階段である。一気に下り鞍部を渡ると中峰への急な登りになった。梯子や鎖を頼りによじ登る。

Dsc01676 南峰を下る急階段 Dsc01679 中峰に登り返す。

 中峰の小ピークを難なくクリアして、再び下るが・・・

Dsc01680 何じゃこりゃ!

 ナイフリッジのやせ尾根に桟道が渡してあるのだが、下り坂が急なので恐ろしい・・・ちょっとした気の迷いでいつでもあの世に逝ける場所である。この中峰から北峰への渡りが三峰山で一番ハードな箇所であろう。やっとこさ北峰に立ち、3つの峰を制覇した。ここまで、南峰手前で中高年グループと出会って以来、一人のハイカーにも会わなかった。もしやせ尾根から転げ落ちたら、私は人知れず山の中で永遠の眠りについただろう。

Dsc01681 北峰から振り返ると中峰と南峰が見送ってくれた。

 北峰から急峻な北斜面を下り、清川村煤ヶ谷地区へ下る道が分岐する物見峠へ向かう。途中、左手が大きくガレていて丹沢山の好展望が臨める場所で、大勢のハイカーに出会った。老若男女、日米?混成の大部隊である。山ガールも大勢いる!ややオーバーアクションで「こんに~ちは!」気持ちが良いものである。私も身振り手振り巧みに彼らが向かうであろう三峰山の険しさを語り、注意を喚起した。ワイワイガヤガヤ一行が北峰に登っていくのを見送り、一人大展望を楽しんだ。

Dsc01683 中央が丹沢山、右端の3つのピークが丹沢三峰山

 やがて、物見峠と煤ヶ谷の分岐に到着。物見峠とは、江戸期に丹沢山地が幕府の御用林だった頃、無断で木を伐採したり、鳥獣を狩猟する者を取り締まる目付役人が巡検したルートであったため、そのように呼ばれたそうである。現在も煤ヶ谷から札掛へと通っている唐沢林道がその巡検ルートの名残であろう。

Dsc01685 この辺りはクマが多いらしい(汗)

Dsc01684 ここから振り返ると三峰山が見える。

Dsc01686 三峰山ルートの入口には注意喚起の看板が立っていた。

 分岐点から右手に入り、緩やかな下り坂をのんびり下っていく。小1時間ほどで、煤ヶ谷の集落に入ることが出来た。煤ヶ谷は神奈川県唯一の村である清川村の中心であり、村役場や小中学校、金融機関が集中している。厚木市方面から観光地である宮ヶ瀬ダムへ向かう県道も通じており、休日はドライブ、ツーリングで賑わう。

Dsc01689 下山口付近 Dsc01690 谷太郎川 Dsc01691 清川村役場

 村役場前の煤ヶ谷バス停で時間を確認すると、本厚木行きのバスは1時間に1本。ちょうど間隔の谷間で、次のバスまでは30分ある。ここで30分立つよりはバス代節約のため、県道を30分歩くことにした。それにしても車やバイクが多い。世の中ガソリン不足のはずではなかったのか・・・途中、別所温泉の看板が目に入る。汗をかいた我が身にはとても魅力的だが、ここで入浴していると更に1時間遅らせることになる。温泉をあきらめて、御門橋というバス停から本厚木駅行きのバスに無事乗車。

Dsc01692 別所温泉看板 Dsc01693 村内のお茶畑 Dsc01694 ここで終了

 今回の山行は、久しぶりの長丁場で大変疲れたが、大きな達成感を得られた。帰りの道中も機嫌良く、本厚木駅前の震災募金にちょっと多めに募金して終了と相成った。

★コースタイム

12:40三峰山南峰→13:00北峰→13:40物見峠分岐→14:35煤ヶ谷バス停→15:10御門橋バス停

Photo

« 山行 小さなアルプス三峰山 | トップページ | 不動尻ハイキングの前に(恐怖編) »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

こんのぉ~、大馬鹿野郎!!

てめぇの馬鹿さ加減には、父ちゃん情けなくて涙でてくらぃ!!

なぁ、母ちゃん!

そうよ、鬼の目にも涙よ・・・。

懐かしいなぁ・・・。金八先生。(違)

これは放言ですかね?
ちなみに「あばれはっちゃく」のお父さん役東野英心さんは初代黄門さま東野英治郎の長男です。
はっちゃく父の昔かたぎな父役とは対照的にNHK中学生日記の先生は物静かで生徒を暖かく見守る名演技でしたね。

ややっ、清川村良いですね!
ハイキング楽しそうですね。
清川村に温泉があったとは知りませんでした。
茶畑もあるんですね、確かに静岡県もこの辺も大差ないはずですものね。

私はもっぱらヤオマサまで散歩するくらいです。
愛犬がいてくれた頃は裏山に行ったりしたものですが
今、一人で歩いていると不審者だと思われますから(T_T)

 清川村もそうですが、山北や秦野、伊勢原など丹沢の周辺部ではお茶を栽培しているところが多いですね。
 別所温泉は穴場ですが、あの辺りの伊勢原、厚木境界には、飯山、七沢、かぶと湯、広沢寺など小粒な温泉が点在しています。
 これから新緑の季節です。野山にどんどん繰り出していこうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 三峰山から煤ヶ谷へ:

« 山行 小さなアルプス三峰山 | トップページ | 不動尻ハイキングの前に(恐怖編) »