« 札掛のミツマタと雨中歩行 | トップページ | 今年も里山へ »

2011年4月15日 (金)

近所の桜どころ

 居住している二宮町は、周囲に自慢できるような名所はほとんどありませんが、唯一、吾妻山は相模湾に面した山頂から北は丹沢山地、西は箱根山や伊豆、そして富士山、南は相模湾に浮かぶ伊豆大島や利島、東は湘南の海岸線と360度の大展望が望める景勝地です。更にここは年越しから咲き始め、立春の頃満開を迎える菜の花が富士山をバックにとても見事で、近年ではテレビ中継もしばしばされてすっかり有名になりました。年初めに登ったとき、ご年配の喋りに東北なまりのあるおじさんに景色の解説をしてあげたのですが、この方、遠く福島県の三春町(日本三大桜である滝桜で有名)から来られていました。(ご当地は原発の関係で今は大変な時期ですが、お元気でお過ごしであることを祈る次第です。)菜の花は終わりましたが、この時期はしっかりと桜も咲いております。

110410_114812 二宮町役場脇の公園入口

 東海道線二宮駅北口から登山口(吾妻山公園入口)まで10分もかからず、アクセスばっちりで、最初の急階段さえクリアすれば、山頂周辺は平坦なので、山頂まで30分するか否かのお手軽な山です。ハイキングコースには水仙、ツツジ、桜などが植えられていて、季節に応じた花を楽しみながら登れますし、ローラー滑り台や遊具も設置されていますから子供連れにはちょうど良い山です。頂上付近は大きく開けて、この時期は日当りの良い南向きの芝の原で、景色や桜を見ながらお弁当を広げたり、ゴロ寝をするのが最高です。

110410_115603 桜のトンネル滑り台。子供たちも大喜び

 4月10日(日)は県知事選挙の投票日でしたので、駅近くの投票所へ出向いてみますと、多くの人の流れが駅から吾妻山に向かっていましたので、それにつられて登ってみますと、満開の桜の下、多くの人がお花見を楽しんでいました。急階段を喘ぎながら宴会用の食料を担ぎ上げる若い衆もいたりして、人気の高さがうかがえます。東北大震災の影響で各所でお花見自粛ムードと聞きますが、花は人の心を和ませますし、特に桜の花は日本人の心ですからね。

 敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山さくら花  本居宣長

110410_115812 山頂の芝原 110410_115906 桜と伊豆方面の展望

« 札掛のミツマタと雨中歩行 | トップページ | 今年も里山へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所の桜どころ:

« 札掛のミツマタと雨中歩行 | トップページ | 今年も里山へ »