« 山行 塔ノ岳から鍋割山その1 | トップページ | 札掛のミツマタと雨中歩行 »

2011年4月10日 (日)

山行 塔ノ岳から鍋割山その2

 塔ノ岳で暫しの休憩を楽しんだ後、鍋割山に向うことにした。鍋割山(1,273m)は、下界から表丹沢も見上げて塔ノ岳を頭に見立てると、左肩に位置する山である。ちなみに右肩は大山(1,252m)となる。

 金冷シの頭まで少し戻って、鍋割山稜へと入っていく。尾根沿いのルートは起伏もきつくなく、ブナ林の中を進むが、この時期は新緑前なので日当たりが良く、展望も最高である。左手には秦野市街が広がり、やや前方には箱根連山や伊豆半島が望める。右手は不動ノ峰と蛭ヶ岳、やや前方に檜洞丸を始めとする西丹沢から三国国境の山々。そして前方には小ピークを越える度に富士山が現れる。

110402_092441 ブナ林を行く 110402_092246 鍋割山稜から

 大丸のピークを越え、小丸のピークに達するまで塔ノ岳から30分ほど。ここ小丸から二俣までは通称:訓練所尾根が分岐している。往時、山岳訓練所が二俣にあった頃は多くのハイカーが辿ったことであろう。そういえば、鍋割山稜に入ってすぐ、スタート直後に二俣で迷っていたおじさんとすれ違った。私が登った大倉尾根経由ではなく、この訓練所尾根を登ってきたのであろう。小丸からは更に稜線がなだらかになり、富士山もますます大きくなっていく。更に30分ほどで鍋割山の山頂に到着した。

110402_092620 小丸分岐 110402_094850 左から蛭ヶ岳、不動峰、丹沢山、手前ユーシン渓谷

 私の到着とすれ違いで2人ほどが塔ノ岳方面に上がって行った。山頂は無人状態であった。鍋割山の山頂はカヤト原が開け、西や南向きの展望は最高であるが、何と言っても富士山の眺望は塔ノ岳のそれよりも更に大きい。鍋割山稜と寄沢を挟んで西に位置する雨山、檜岳、伊勢沢ノ頭の山々の背景には裾野まで雪を頂いた富士山が素晴らしい。

110402_095256 鍋割山頂 110402_095402 檜洞丸 110402_095335 雨山と富士

 山頂にはソーラー発電のパネルに囲まれた鍋割山荘が建っている。ご主人草野氏は自然保護の立場でちょっとした有名人であるが、ご主人の作る鍋割山名物鍋焼きうどんは更に有名であり、それを目当てに登ってくるハイカーも多い。鍋焼きうどんは980円であるが、山の値段と野菜、きのこ類の具沢山であることを考えれば安価といえるのではないか。前回の登頂で食し、今回は中途半端な時間でもあるので食べなかったが、何れまた食べに登りたい。ピンバッチを買いに山小屋に入ったが、ご主人は仕込みも終えてのんびりされているようだったので、山頂付近の花期をお尋ねした。四月下旬のマメ桜から始まり、五月から六月はヤマツツジが見事だそうだ。たまにシロヤシオツツジも見られるとか。

110402_095418 鍋割山荘 Dsc01103 前回の鍋焼きうどん

 早々に鍋割山を後にする。急坂を下り始めると、下から驚くほどのハイカーが登ってくる。老若男女、小学校に達しているか微妙な年頃からおじいちゃんと呼べるほどの齢に達した方々、単独から10人ほどのグループまでと様々である。鍋割山は頂上の手前にニセピークが2つほどあり、まんまと騙されてため息をつく人たちが他人事で面白かった。正面に栗ノ木洞のこんもりとした姿が近づき、急な梯子場を下ると後沢乗越の分岐点である。直進すると栗ノ木洞、くぬぎ山の小ピークを越えて松田町の寄地区に達する。左折すると二俣に向かう。県民の森へはどちらからも行けるが、疲れてきたので、二俣方面に沢沿いの植林帯を下って行くことにした。

110402_102051 後沢乗越手前、栗ノ木洞が正面 110402_104802 本沢出合

 ミズヒ沢の手前で山ガールの3人組に梯子場を譲る。皆若く、衣装もばっちり決まっている。登ってきた彼女たちは「ありがとうございます。」と挨拶をしてくれたので、「がんばってね~」と卑しくも浮ついた声が出る。しかし、彼女たちからは「早起き山おじさん」に見られているだろうと思うと、ちょっぴり寂しかった。それが響いたのか、ミズヒ沢の渡渉時に足を滑らせ、腕と腰を強かに打ちつけてしまった・・・遠いところから強力で恐ろしげな「気」を感じた。(汗)フラフラになって四十八瀬川源流の本沢に出た。ここからはガタガタではあるが、車も通れる幅の西山林道を二俣に向かって進み、勘七沢を渡渉して往路に戻った。県民の森の駐車場周辺は林道まで車であふれていた。

110402_105548 西山林道最奥部 110402_110358 二俣に戻りました。

☆メンツ 単独

★コースタイム 5時間20分(休憩込)

県民の森駐車場6:00→二俣6:15(ロスタイム10分)→小草平7:15→花立7:55→塔ノ岳山頂8:25~9:00→訓練所尾根分岐(小丸)9:30→鍋割山9:55~10:00→後沢乗越10:30→四十八瀬川源流出合10:45→二俣11:05→県民の森駐車場11:20

Photo

« 山行 塔ノ岳から鍋割山その1 | トップページ | 札掛のミツマタと雨中歩行 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 塔ノ岳から鍋割山その2:

« 山行 塔ノ岳から鍋割山その1 | トップページ | 札掛のミツマタと雨中歩行 »