« 花をたずねて不動尻へ | トップページ | 春休み親子企画 その1(釣りの巻) »

2011年4月 1日 (金)

鐘ヶ嶽に寄り道

 不動尻でミツマタの群落を見た帰り、余力があったので山ノ神トンネル手前から登山道に入り、鐘ヶ嶽に登って帰ることにしました。

 鐘ヶ嶽に向かう尾根は、従来トンネルの広沢寺温泉側から上がるコースでしたが、やや難路であったため、近年トンネルの不動尻側から上がる新道が開かれました。今回はこのコースを利用してみることにしました。二の足林道から木にマジックで書かれた仮の道標に従って、植林の中に延びる細い登山道を進みます。

110326_132019 植林の中を小さな沢沿いに延びる道

 15分ほどして厚木方面が開けた尾根に出ました。右は大山見晴台方面で、左が鐘ヶ嶽です。一息入れてなだらかな尾根道を歩き始めました。この尾根道は右手に獣害対策用の柵が続いています。表丹沢ではよく見られる光景で、万里の長城のようでもあります。しかし、なかなか手入れが行き届かないようで、山に呑まれている光景を良く見ます。ここの柵もズタズタな状態でした。そういえば、広沢寺温泉から歩いてくる途中に新しい柵が設置されていました。最前線が後退して自然側がやや有利な状況のようであります。

110326_133501 鐘ヶ嶽へ向かう尾根

 さて、30分ほど快適な尾根歩きをすると、前方が開けて誰かがいるようです。頂上かな?

110326_135626 誰か休憩しているようです。 110326_135656 これは失礼いたしました。

 標高561mの鐘ヶ嶽の頂上です。高尾山が600m弱ですからほぼ同じ高さの山ですね。頂上は広く、建物があったような形跡があるものの、石像と案内板があるだけでした。鐘ヶ嶽の由来は、一山南向うに位置する七沢温泉に室町時代後期に扇谷上杉氏の七沢城があり、鐘ヶ嶽の頂上に北からの敵の侵入を知らせる鐘撞堂があったことからその名が付けられたようです。1488年に山内上杉顕定が宿敵である扇谷上杉氏の本拠伊勢原市糟屋館を攻めるため、1千騎の軍勢を率いて攻め寄せたとき、七沢付近で定正が2百騎で迎え討った実蒔原の戦いがありましたが、そのときに北から進入した山内上杉軍の襲来を七沢城に伝えたのかもしれませんね。このときは扇谷上杉軍が寡兵であるにもかかわらず勝利をえました。遠方から遠征してきた山内軍は疲れと地理に不慣れであったため、扇谷軍は地の利をもって勝利を得ました。

110326_135716 頂上から少し下ると・・・ 110326_140203 浅間神社がありました。

 全国の浅間信仰のひとつでしょう。今でもお正月は初詣で賑わうようです。境内からは東側の眺望が抜群でした。当日は横浜ランドマークタワーや新宿副都心ビルが望めましたが、スカイツリーはちょっと無理でしたね。

110326_140244 東側の眺望。解説板にはスカイツリーや筑波山もありました。

 鐘ヶ嶽の東側には浅間神社の急な階段の参道が下っています。帰路はこちらを下ることにしました。頂上近くには石仏が多く、巨石には経文でしょうか文字が刻まれていたりして、往時の信仰の深さをうかがえます。

110326_140911 頂上近くは霊気が漂っていました。 

110326_140652 こちらは戦前の石像。身内の武運長久を願うものですが、千葉県市川町とあり、この山が広く信仰を集めていたことがうかがえます。

 急な階段を恐れる天然児の尻を叩きながら参道を下っていきます。参道は1丁目毎に小さな石仏が置かれていました。椿の花が満開な尾根道があったり、上杉氏内室のお墓があったりしてバラエティー豊かな参道でした。入り口付近には

110326_145819 道標の石仏 110326_144757 椿が満開でした。

 新しい獣害よけの柵をくぐると集落に飛び出しました。集落から見上げた鐘ヶ嶽はなかなかピラミタブルで格好良い姿でした。広沢寺温泉より少し下の集落でしたので、不動尻方面に10分ほど戻り駐車場へ帰着しました。

110326_150052 新しい獣害柵 110326_150957_2 麓から見上げた鐘ヶ嶽

 駐車場から車で二の足林道に入り、ゲート脇にあった湧水を汲んで帰りました。

110326_153743

☆メンツ:天然児、ババ、私(3人)

★コースタイム

11:00広沢寺温泉駐車場→11:40林道ゲート→11:55山ノ神トンネル→12:25不動尻キャンプ場跡(昼食)12:40→12:55ミツマタ群生地→13:15鐘ヶ嶽尾根入口→13:30尾根→14:00鐘ヶ嶽→15:10鐘ヶ嶽登山口→15:20広沢寺温泉駐車場

« 花をたずねて不動尻へ | トップページ | 春休み親子企画 その1(釣りの巻) »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい!
ということで、はい、朝帰り!すぐ朝帰り!
六条河原付近を徘徊中です。
朝の散歩は格別ですねぇ。
ちょっとした路地裏でも、当時培った思い出が蘇ります。
あえて、当時との違いを探すと肝臓の張りや痛みでしょうか(笑)
もうすぐで京都駅!
はい、歩く!すぐ、歩く!電話はしないけど、頑張る!
やっぱり京都がいいなぁo(^▽^)o

 やはり夜通し飲んでましたね~京都だとつい気が緩んでしまうようですね。ってことで、残党をPするのは今をもってなーい!
 桜はどうでしたかー

>残党をPする
Pって何・・・??
(解ってるけど・・・滝汗…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鐘ヶ嶽に寄り道:

« 花をたずねて不動尻へ | トップページ | 春休み親子企画 その1(釣りの巻) »