« いたわりドライブ 鉄道の町山北 | トップページ | 山行 西丹沢縦走作戦 その1大室山 »

2011年5月17日 (火)

山行 二宮金次郎の柴刈り道

 GWも終わろうとしている5月8日(日)は快晴となった。この快晴の空の下山に登らない手はないと思うも、天然児は明日から学校なので、比較的短時間で往復できる楽なコースを探してみた。足柄峠から金時山を往復する3時間弱のコースを考えたが、天然児同伴では頂上直下のハシゴ箇所が心もとなく思い明神ヶ岳(1169m)に目標を変更した。

 足柄平野から箱根外輪山を見上げると、右端にかつて猪鼻岳と呼ばれていたように尖った金時山が目立つが、それ以上に南北に長い尾根を持つ明神ヶ岳の存在感は大きい。その大きな山容を持つ明神へのルートは、大雄山最乗寺から登るルートか、明星とセットで外輪山を縦走するルートが一般的であるが、何れもそれほど急勾配ではないものの、長い距離をあるくことになる。マイカー登山者は、大雄山まで入らなくても手前の矢佐芝や和留沢からのルートも選択できる。今回は矢佐芝から入る通称「二宮金次郎柴刈り道」を選択した。

 矢佐芝は前回のネタになった「天豆」さんがある集落で、更に石畑林道を二宮金次郎の腰掛石や石像を見ながら山奥に進むと、林道ゲートで行き止まりとなり、そこに5台ほどの駐車スペースがある。当日は既に6台ほどが駐車しており、私も林道路肩に無理繰り停車してゲートをくぐった。

110508_154039 金次郎さんの腰掛石 110508_102630 石畑林道ゲート

 ゲートをくぐってすぐ右手に登山道が分かれていた。登山口脇には沢があり、青竹で取水口が作られていたので、空いたペットボトルを満タンにして入山となった。丹沢でも足柄でもお決まりの杉林を登っていく。ちょうどGW前半に登った明星ヶ岳見晴らしコースは、この柴刈りコースと尾根ひとつ隔てて平行しているが、こちらの方がなだらかで、中高年や天然児のようなハンディ持ちにも優しいコースである。事実、中高年ハイカーとちょくちょく出会い、中には愛犬連れの人もいて、天然児もウキウキ君になっていた。

 江戸時代の農政家二宮金次郎(尊徳)は、この山の麓にあった栢山村(小田原市栢山)の出身であるが、全国的におなじみの読書をしながら柴を背負って歩く彼の姿が二百年前ここにあったのかもしれない。そんな思いにさせてくれるような道である。(確実にズッコケるか木にぶつかるのは間違いないが・・・)

 1時間ほど登ってくると林道が横切り、道脇の松の木の下に見晴台という休憩場所が設けられていた。丹沢方面から足柄平野、相模湾まで東側の展望は抜群である。お茶とお菓子で小休止をとった。

110508_112121 天然児、見晴台に到着 110508_115803 もしもーし!

 林道から上は自然林を登っていくが、コースの穏やかさは変らない。そろそろ天然児が音をあげてもおかしくないのだが、今回は一向にその気配はなし。それだけ歩きやすいコースということなのだろう。気温が上がってくるこの時期は新緑も美しいが、昆虫など小動物も這いだす時期でもある。天然児は木々の幹や洞をのぞいては彼らの観察に余念がなかった。

 標高を上げてくると、「ヤッホー!」などと元気の良い子供の声が聞こえてきた。最乗寺からのコースは賑わっているようだ。そう思っているうちに外輪山の尾根に突き当たった。正面に神山と駒ケ岳、右前方に仙石原が壮観である。左手には明星方面に外輪山コースが延びている。右手の明神ヶ岳まであと少しだ。

110508_124639 左手明星でございま~す。 110508_125747 右手明神でございま~す。

 尾根コースは予想通りの大賑わいで、中高年団体、ご夫婦、家族連れ、カップル、外国人などハイカーも多様である。間もなく左手に摂政宮登山記念碑があった。摂政宮とは昭和天皇が大正天皇を補佐していた頃の呼び名である。今も昔も皇族は山を愛する。そういえば皇太子殿下は最近山に登っていないようだ・・・皇太子妃も大変そうだし、何だか相通ずるものを感じる。などと恐れ多いことを考えながら歩いていると、間もなく明神ヶ岳山頂(1169m)に到着した。山頂は広々として、全方位の展望が楽しめる場所である。北には猪鼻岳こと金時山とその後に雲をまとった富士山が良く見える。東には小田原街と海岸線が望めた。

110508_124823 摂政宮登山記念碑 110508_130609 金時山 110508_130231 小田原市街

 山頂で軽い昼食をとり、満開のマメ桜や尾根上の松並木を楽しみながらの下山となった。

110508_134046 マメ桜 110508_143543 尾根上の松並木

☆メンツ:天然児、ババ、私

★コースタイム:5時間10分(昼食・休憩50分含む)

10:25石畑林道ゲート→11:20見晴台11:25→12:45外輪山尾根→13:05明神ヶ岳山頂(昼食)13:35→13:50矢佐芝分岐→14:35見晴台14:40→15:35林道ゲート

Photo

« いたわりドライブ 鉄道の町山北 | トップページ | 山行 西丹沢縦走作戦 その1大室山 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

♪オレンジ、アップル、トマト~・・・


って古いCMだなぁ・・・。

これはなんだー!

悪い満じ・・・


ってか、来週土曜日(5月28日)夜に夜イカに行きませんこと?
(゜∀゜)

翌日から伊豆方面に登山の予定なので、申し訳ないけど辞退です。良さそうならば単独で行ってください。チャンスーはないぞ!

いけないのか・・・。

今年も夜イカは延期かな・・・。

(T-T)

ここぞと思えば単独でも行くべきだと思いますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/40000015

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 二宮金次郎の柴刈り道:

« いたわりドライブ 鉄道の町山北 | トップページ | 山行 西丹沢縦走作戦 その1大室山 »