« 山行 塔ノ岳長尾尾根トレイルラン その2 | トップページ | 足柄長井さんちの藤 »

2011年5月10日 (火)

新緑ドライブ 富士川

 5月4日(水)連休中日。連日山ばかりでは天然児がヤバいので、たまにはドライブでもしようかと、富士山周辺を目指して東名に乗り西に向かいます。幸い渋滞なく富士ICで降りて、一路朝霧高原を目指して富士宮道路に入った途端大渋滞これはたまらんと思い、最初のICで降りて富士宮市街を抜けて、富士川方面に目標転換しました。

 富士宮の駅前商店街を抜けていくと、富士浅間大社前辺りは屋台村があったりして結構な賑わいを見せております。富士宮と言えば、焼きそばと宗教ですからね。宗教はともかく、焼きそばくらいは食べておかないとと思いましたが、屋台村を過ぎるとそれ風の店を見つけることができず、市街地を抜けてしまいました。全国的に名を挙げた焼きそばですから、周辺部でもこれに便乗しない手はありません。市街地を外れてもそのうち見つかるだろうと思い、身延線に沿って車を走らせます。そういえば、東北大震災の直後富士宮は震度6の地震に見舞われましたが、見た限り被害などはないようでした。

 やがて河原の広い富士川が見えてきました。流域の野山や茶畑の緑とのコントラストが最高です。新緑の美しさに感動する間もなく、身延線芝川駅前に焼きそばの看板を見つけて早速立ち寄ります。出てきた焼きそばはしょうゆ風味の薄味で、お好みでイワシ削り粉やソースで味付けをしますが、イワシ削り粉をかけるとなかなか風味が良くて美味しかったです。天然児も麺類が大好物なので、焼きそばを平らげていましたが、そのうち店内でアイスの絵を見つけてご執心なので、アイスを追加しました。

 車は富士川沿いに北に向かい山梨県に入りました。腹が満たされたところで、そろそろ外を散策したと思いところです。幸い日蓮宗の総本山である身延山久遠寺が近いので、立ち寄ることにしました。富士川の左岸から右岸に渡り、身延の市街地を抜けると総門前に出ます。総門をくぐると道路は細くなり、両側にお土産や食堂、旅館などが並びます。門前街下の駐車場はガラガラで、連休とはいえ意外と混んでいないものだと、一番上にある本堂に近い駐車場に停めようと進みましたが、そう甘くはありません。駐車場手前の数百メートルの旧坂にずらりと車列が出来ていました。皆で渋滞待ちをするのもバカバカしいので、ババらを先に三門前で降ろし参道を歩いてもらうことにして、天然児と私が行列に並びました。

110504_133806 対岸より身延山を望む 110504_135413 三門

 しかし、ここでアクシデント!天然児がこんなときに限ってムズムズサインを出したのです。駐車場待ちはあきらめるとして、問題は道が狭くて簡単にターンできないことです。車を放置して厠を探すわけにもいかず、「まだ!まだだよー!」と天然児に圧力をかけつつ、ターンできそうなスペースを探します。焦りまくりで汗がにじみました。ようやく寺関係者の駐車場を見つけると、強引に対向車を止めてターンして、狭い門前街をブッ飛ばして下の駐車場に飛び込み、奇跡的に事なきを得ました。

 ババたちとはぐれてはいけないと、天然児の手を引いて門前街から参道を駆け上がります。三門をくぐると杉の大木が両側に並び、その先には本堂に上がる急階段菩提梯が待っています。怖がる天然児の尻を叩いて階段を上がっていくと、途中でババたちが本堂の見学を終えて下ってきてしまいました。「下で待っているから見て来い。」と言うので、黒柱の重厚感あふれる本堂、朱塗りの品格ある祖師堂、五重塔など仏堂伽藍を見学し、すっかり葉桜になった名物のしだれ桜を見学しましたが、天然児は水屋のお清めが一番注目スポットだったようです。やがて、身延山奥の院から下ってくる本堂裏手の道を白装束の行列がお題目を唱えながら本堂前に下りてきていました。坊さんの集団かと思いきや、若い男女が多いのに驚きました。最近、一部の若い衆の間では寺修業が流行とか。

110504_150344 門前町 110504_143041 三門先の参道 110504_143225 菩提梯

110504_144241 本堂 110504_144248 祖師堂 110504_144442 名木久遠寺のしだれ桜

 身延山参拝の後は再び富士川左岸に渡り返して、下部温泉から一気に標高を上げて富士五湖の西端本栖湖に抜け、最近話題になっている芝桜を見に行くことにしました。国道300号線の九十九折を上り切ると、本栖湖の向こうに富士山が見える絶景スポットです。この風景は、かつての500円札にプリントされて岩倉具視の裏を飾りました。本栖湖畔を進み、国道139号線を朝霧高原方面に右折し、芝桜の会場に近づくと酷く渋滞をしています。これだけの渋滞ならさぞ芝桜が咲き誇っているのかと思いきや、会場に着いてみれば芝桜は1部咲き。見物客の方が咲いている芝桜よりも多いくらいです。天気も怪しくなってきて、せっかくの富士山も雲で見え隠れし始めました。風も寒々しく朝霧高原の春はまだ1ヶ月ほど先のようでした。

110504_163919 富士山わかるかな~? 110504_164128 まだまだでした。

« 山行 塔ノ岳長尾尾根トレイルラン その2 | トップページ | 足柄長井さんちの藤 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑ドライブ 富士川:

« 山行 塔ノ岳長尾尾根トレイルラン その2 | トップページ | 足柄長井さんちの藤 »