« 奥秩父の風景 | トップページ | 嬉しい初物 »

2011年6月29日 (水)

山行 レンゲツツジ咲く三窪高原

 秩父から雁坂嶺を越えて山梨県に入って、中央市のシルクの里に泊まりました。夜はホタルが飛んで、水田ではカエルが大合唱ののどかな里山風景でした。

 翌6月19日(日)今回の旅の目的だった三窪高原に向います。中央道勝沼ICから甲府盆地の東縁を通じるフルーツラインを経由して、国道411号線に向います。さくらんぼ狩りがシーズンのようで、沿道の農園は賑わっておりました。大菩薩ラインこと国道411号線に入り、クネクネとした峠道を登りきると標高1450mほどの柳沢峠に至ります。峠の茶屋裏の駐車場に入ると、駐車場は満車状態。意外と知名度が高いようです。今どきの日本人は西で桜が咲けば押し寄せ、東で藤が咲けば押し寄せる。花大好き人間でありますが、三窪高原のレンゲツツジもそのターゲットになっているようです。

 三窪高原というと、バブル期のリゾート開発が破綻し、山中に別荘の廃墟が点在する心霊スポットとして、ディープな面の知名度がありますが、それ以上にレンゲツツジの名所としての知名度があります。しかし、近年の花の名所で有りがちな鹿の食害が噂になっていて、どこまで見事なものか?付きの訪問となりました。昨年、同じ山梨県内の櫛形山にあるというアヤメの群落を見に登りましたが、ものの見事に食害にあっていてアヤメは全滅状態でした。かといって、鹿ばかりを責めるわけにはいきません。人間によって里山を追われた鳥獣が、山奥の聖域を荒らしているという構図なのです。

 トイレを済ませて「さあ、出発!」という場面で、天然児はお決まりのひっくり返りって号泣して抵抗します。やや強引に山の中に引っ張りこんで、お尻を叩きながら慣れさせると、歩きやすい登山道(散策道?)なので自分から歩きだしました。

110619_111415 ブナ林を行く天然児

 柳沢峠から30分ほどで最初のピークである柳沢の頭(1671m)に到着。当日は残念ながら曇り空で、富士山の展望は望めませんでしたが、この辺りから所々レンゲツツジが咲き誇っています。

110619_111832 これだけ見れれば十分ですね。

 柳沢の頭から東屋のある十字路を経て、この辺りの最高点であるハンゼノ頭(1693m)に到達しました。相変わらずの曇り空で展望はアウトでしたが、お昼時でもあったので、昼食をとるハイカーで賑わっておりました。最高所でお弁当をとるのはハイカーの心理ですね。

110619_113646 十字路付近の群落 110619_114551 場所によっては見事ですよ!

 ハンゼノ頭から少し進むと東屋があるツツジの群落があり、多くのカメラマンがシャッターを切ってきましたが、この辺りは鹿の食害がひどいらしく、金網で保護されておりました。

 散策コースの最端部である電波塔に到達すると、地元塩山に移住されたという紳士に出合いました。周辺部の自然の現状について、丁寧に説明していただきましたが、貴重なお時間を割いていただいてありがとうございました。この方が作成している地元観光の応援サイトをご紹介させていただきます。→ http://yssoho.blog.ocn.ne.jp/

 さて、復路は笠取林道に出て舗装された林道を柳沢峠に向います。檜洞丸で聞いたエゾハルゼミのセミ時雨が初夏を感じさせてくれました。林道は所々沢を跨ぎますが、この辺りは分水嶺であり、流れは山梨側ではなく東京都奥多摩方面に流れて小河内ダムに集まります。東京都の水源林なのであります。

110619_123816 東京の水 110619_124837 潤いの森はキノコ天国 110619_130100

 林道をランナーが勢い良く下っていきます。天然児もランナーを追っかけます。林道出口でタイムを計測していた方に聞くと、トレイルランニングの計測会をしているらしく、山麓から60kmほどを5、6時間で走っているそうです。恐れ入りました!

 国道411にぶつかり、山梨側に少し戻ると柳沢峠の駐車場に戻れました。花の見頃は短いもの。今頃は散っているころでしょうか。遅いアップでスイマセン。

110619_125057 ランナーと競う天然児 110619_130010 天然児甲州に進軍!

« 奥秩父の風景 | トップページ | 嬉しい初物 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

「山笑海笑」さんというハンドルネームは、人柄が表われた良い名前ですね!
ブログを拝見しました。旅(自然)の楽しみ方を良くご存知なので共感しています。犬越路、檜洞丸(特にヤシオツツジ)は自然のままの山らしさがあるので大好きです!鍋割山・塔の岳のコースは、何回も歩いたお気に入りのコースです。尾根道の”ブナ爺さん”は、まだ健在ですかね!?
来年の5月下旬には、もし、機会があれば、ご家族で、芦川のすずらん群生を見に来て下さい。もうご存知ですよね!?新道峠富士山展望地への登山道が整備され、安心、安全になりました。お薦めスポットです!新甲州人のブログ「御坂黒岳と芦川のすずらん・・」で紹介しています。

重森様、先日はお世話になりました。
また、早速のコメントありがとうございます。

丹沢のほうへも随分お出かけになったようですね。交通アクセスの良い気軽さの反面、自然の厳しさを失わない素晴らしい山々だと思っております。私も重森さんに負けじと甲州の山に進出したいと思っています。

芦川は御坂山塊の山間の地区ですね。以前キャンプをしたことがありますが、すずらんの時期には訪れたことがありません。すずらんは桜やツツジのような華やかさはないものの、ひっそりと神秘的に咲くイメージがあって良さそうですね。来年はぜひ訪れてみたいと思います。これからもブログを拝見させていただき、甲州の名所を歩いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/40608266

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 レンゲツツジ咲く三窪高原:

« 奥秩父の風景 | トップページ | 嬉しい初物 »