« SLバーへようこそ♪ | トップページ | 奥秩父の風景 »

2011年6月23日 (木)

山行 迫り来るヤマビルとの闘い 三ノ塔

 先に結果をお伝えしたワンニャン譲渡会の朝は、小雨がぱらつく梅雨空であったが、雨天時の歩行練習として、おなじみの三ノ塔尾根を歩くことにした。最近の雨具は性能が良いので、多少の雨ではびくともしない。このような雨具を非常時のものとしてザックの底に眠らせておくのはもったいない。山が遠くなりがちな梅雨時も楽しんでいこうと思う。

 三ノ塔尾根はなだらかであるが、その分アプローチが長く、効率よく表尾根の主峰塔ノ岳を目指すハイカーには敬遠されがちである。しかし、このなだらかなコースこそ雨の中を歩くには安全で適していると思う。

 やや遅めに県立戸川公園の諏訪の原駐車場をスタートし、山岳スポーツセンターを通過して荻山林道を15分ほど進むと登山道に入る。伐採された木々が雨に濡れて匂っている。これこそが森の香りである。雨とっても霧雨程度で冷却効果が心地よい。逆に歩いているとレインウェアが暑苦しくなってきたのでザックにしまう。

110617_100509 木々の匂いを感じながら・・・

 靴紐を締めなおして歩き出そうとすると、足首のスパッツを這い上がってくる物体がある。ヤマビルのお出ましだ。レインウェアをしまっている隙に取り付かれてしまったらしい。ためらうことなく潰して先へ歩き始めると、今度は手の甲を微かにチクリとした感覚が・・・これまたヤマビルである。この先、表丹沢林道が横切る牛首に到達するまでに数匹のヒルを退治した。少しでも歩くペースを緩めるとヒルに取り付かれそうな気がして、気忙しくて嫌気が差してきたが、不思議と牛首から先の三ノ塔のピークまではヒルの姿を見ることがなく快適であった。

110617_105029 今期のツツジは終わり

 三ノ塔山頂は雲の中で一面「白」の世界である。三ノ塔尾根では表丹沢林道を雨傘と長靴姿で歩いてきた山小屋の管理人と思しきおじさんと出合ったのみであったが、塔ノ岳方面に通ずる表尾根には新しい踏み跡がついていて、雨の登山を楽しむハイカーがいることをうかがわせた。三ノ塔避難小屋の前で一息いれるが中に入る勇気はない。晴れている日でも避難小屋に入るのは勇気がいるものだ。

110617_102701 避難小屋 110617_102739 白い世界

 一息入れて軽食をとっていると足下に動くものがある。ここもヤマビルの生息域であった。それもかなりの生息密度のようで、注意してみるとそこかしこに確認された。長居は無用のようである。

110617_103058 方位盤の上にも・・・

 下りは二ノ塔尾根を歩き、表丹沢林道に出たら葛葉川源流の沢を見ながら三ノ塔尾根牛首に向かった。林道を 歩いていると雲の晴れ間から相模湾が望めた。

110617_112153 葛葉川源流 110617_112441 小田原方面の海

 さて、諏訪の原駐車場に戻ってスパッツを外してみると、裏側にヒルが2、3匹くっついていた。ヤマビルの行動範囲は狭いといわれている。三ノ塔尾根でも牛首より下の区域に多い一方で、牛首より上ではあまり確認できなかったように、部分的に生息しているようである。しかし、シカなど野生動物やハイカーに付着して生息域を広げている。丹沢全域が「ヤマビルの持ちたる山」になる前に、媒介を担う我々ハイカーも塩水を靴やパンツに吹いて防止策をとると共に、こまめにチェックして見つけ次第退治しなければならない。

« SLバーへようこそ♪ | トップページ | 奥秩父の風景 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
色々なところに行かれているんですね。
私も先日、ニノコウの近く、蛍を見に行ってきました。
この辺は色々良いところがあるので
わざわざ遠くに旅行するよりも
この辺を探索する方が大事である気がします。

犬猫ちゃんの譲渡会行かれたんですね。
うちも行ってみたいという気になっているのですが、
家族全員 責任感が強すぎて
なかなか踏み切れないで居ます。

多分、そう遠くない将来、行くと思います。
犬猫ちゃんは本当に可愛いし、家族ですよね。

せせらぎ公園ですね。
身近に蛍がいる環境は嬉しいですよね。
蛍は寺坂の奥の方の田んぼにも結構いて、数年前に見に行ったら田んぼ脇の雑木林が蛍の光で彩られて神秘的でしたよ。今はどうでしょうかね・・・
居住地域を大人の視点で見てみると、子供の頃気づかなかったことが見えてきたり、理解ができなかった疑問点が解決されたりして面白いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/40493450

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 迫り来るヤマビルとの闘い 三ノ塔:

« SLバーへようこそ♪ | トップページ | 奥秩父の風景 »