« 長男の運動会 | トップページ | ワンニャン講習 »

2011年6月 8日 (水)

ドリームナイト アット・ザ・ズー

 6月4日(土)長男の運動会が終わっても、この日はもうひとつ大きなイベントが控えている。日中の照りもよく、やや疲労感を背負って帰宅。しばらくして一時預かりから天然児が帰宅すると、一休みした後、車に乗せて高速を一路東へ。久しぶりの晴天に恵まれた週末だけに、小田原厚木道路から東名に合流した途端渋滞。横浜町田IC経由で横浜動物園ズーラシアに到着したのは陽も傾き始めた18時。

 この日は横浜市の動物園と福祉法人が主催する「ドリームナイト アット・ザ・ズー」というイベントがあり、日常動物園を訪れる機会が少ない、障がい者とその家族が気兼ねなく動物園を楽しめるというありがたい企画である。おまけに、動物の多くは夜活動が活発になるとのことで期待大である。

 受付でドリンクとポップコーンをもらって入園。ズーラシアは通常左手の入場口から時計回りで周遊するが、この日は駐車場前の退場口からも入園できるので、駐車場からわんさわんさと人が園内に吸いこまれていく。日常、天然児は少数派という孤立感を持ってきたが、広い世間には天然児は多いものである。 

 入園してすぐにイベントコーナーがあり、吹き矢や手形アート、ポニーの餌付けが行われていた。細切りのニンジンを天然児があげるとポニーは大喜びで食べていたが、天然児はそれ以上に大喜びである。

Dsc01738 吹き矢コーナー

 入園時に既に日が傾いていたので、樹木に覆われた園内は間もなく暗くなってきたが、常夜灯やランタンが灯され、所々に係員が立っていてくれるので安心して回ることができた。

 カピバラ、ヤブイヌ、テナガザル、カンガルー、ヒョウ・・・どの動物も生き生きと動き回っている。食事の時間帯でもあり、オセロットが生肉を食べる姿は迫力があり、メガネグマは木の上や岩のくぼみ、草薮にまかれた野菜を得意の嗅覚で嗅ぎ分けて食べていた。

Dsc01750 餌を探すメガネグマ Dsc01751 カピバラ

Dsc01757 躍動感あふれるカンガルー

 粒の小さい動物から見始めたので、天然児お目当ての大型動物は足早となってしまったが、ライオン、トラ、オランウータンを間近で見ると天然児は興奮気味。

Dsc01761_2 ライオンとの睨み合い Dsc01762 面の皮を入念にチェック

Dsc01768 トラも元気でした。

 キーキーと不気味な闇夜に不気味な鳴き声が響く。その声の主を求めて走る天然児!その先には・・・

Dsc01766 走る先には・・・ Dsc01771 闇に光る二つ目!チュパカブラ!?

Dsc01772 正体はマレーバク

 最後に一番期待していたインドゾウだが、いつもはとっくに帰宅してくつろいでいる時間帯のはずなのに、入れてもらえず遠くにある檻の入口をウロウロするばかり。天然児も大好きなゾウのサービスの無さにちょっと不満顔。が、そうはいいつつも初夏の夕べを動物三昧で満喫した天然児。帰宅とわかるや地に伏して全力で抵抗し車に担ぎこまれた。

Dsc01775 こういうUMAもいたんだね~

« 長男の運動会 | トップページ | ワンニャン講習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/40293987

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームナイト アット・ザ・ズー:

« 長男の運動会 | トップページ | ワンニャン講習 »