« 管理釣り場のルアー釣り | トップページ | 年に1度は憧れる太平洋の黒潮 その2 »

2011年7月18日 (月)

年に1度は憧れる太平洋の黒潮 その1

 普段、相模湾や東京湾でアジやライト五目を楽しんでいる私ですが、たまには外洋で思いっきり釣りを楽しんでみたいと思い、年に1度は外房に遠征しております。今回はイサギと根魚五目をリレー釣りで楽しみます。wave

 7月15日(金)22時にいすみ市大原漁港の初栄丸にやってきました。神奈川県西部の自宅から大原まではアクアライン~大多喜街道経由で3時間程ですが、今回は23区内で同乗者を拾ったので、京葉道路~九十九里波乗り道路経由で4時間以上かかりました。やはり外房は遠いですね。波乗り道路は海からの夜霧が上がっていて、ヘッドライトの先はぼんやりと霞んでおりました。明日の出船は4時過ぎと早いので、船宿の仮眠所で泊まらせてもらいます。到着後は、軽い寝酒を飲んで就寝となりました。bottle

 16日(土)4時前に起床し洗面後、波止場にやってきました。初栄丸は外房の遊漁船らしい大型船で、この日は乗船者が15人ほどいたのですが、片舷8名ほどでも余裕の大きさであります。前泊といえども、出船前はいつも慌しくなります。私たちのメンバーは5人と少なめでしたが、幹事である私は自分の支度は二の次で、「氷ありますか?」、「天秤借りる人いますか?」、「電動の電源が必要な人いますか?」などと聞いて回ります。初栄丸の美人若女将も忙しそうに走り回っています。この早朝、同世代の我が妻は大イビキをかいていることでしょう。bleah

 4時30分に出船しイサギのポイントに向かいます。大型台風が日本の南でうろついているので、波浪が気になっていたのですが、予想に反して鏡のような穏やかな海面を初栄丸は快進していきます。東向きの太平洋からは美しい日の出が見れました。sun20分ほどで大原沖のポイントに到着。10分ほど準備をして5時の解禁時間まで待ちます。海は穏やかなものの、外海特有の大きなうねりが一定の間隔で寄せてきて、朝のうちはやや酔い加減で苦しみました。

110716_044744 東向きならではの海からのライジングサン

 「はい始めてください!タナは20から23mでやってください。」船頭さんから開始の号令一下。一斉に仕掛が下ろされました。イサギ釣りは60号の小型コマセかごから1.5号3mの細めのハリスが伸び、先にはカラー針3本がついています。付け餌はイカの切り身を米粒大にカットしたものが配られますが、イサギはアジ同様に空針でも食ってきます。指示ダナの少し下まで仕掛を下ろし、竿をシャクリ上げてコマセを出しながら誘いを掛けていきます。

 2、3回繰り返すと、ギュンと竿が勢い良引き込まれました。普段釣り慣れたアジやサバとは明らかに違う引き込みです。タナが20m前後なので、カリカリと手巻きでやり取りを楽しみながら巻き上げると、程なく黒い背中のイサギが上がってきました。イサギはアジ同様に口が弱い魚なので、取り込みのときに口切れによるバラシがあると一般的に言われていますが、アジよりはしっかりしているようです。むしろ、急な引き込みによるハリス切れが心配なほどです。

 イサギは海底にせり上がっている根(岩礁)周辺に群れているため、船は根の周辺を流し、潮に流されて根を外れると再度場所を取り直すことを繰り返します。スタートから1時間で20~30cmほどのイサギが5、6尾ほど桶の中に泳いでいます。イサギは小さい個体ほど背中に鮮やかな横縞が見られ、イノシシの子供と同じであることから通称「ウリ坊」とか「ウリンボ」と呼ばれています。大型になるほど黒味がかかってでっぷりと貫禄があります。イサギの他には20cmほどのオキメバル(トゴットメバル)と25cmほどのハナダイが混じり、何れも美味しいお魚です。fish

110716_073827 太平洋で釣る醍醐味! 110716_073843 色々と釣れてきました♪

 しかし2時間ほど経過するとイサギの当たりが遠退き、時々アジがかかってくる程度の苦戦に陥ります。その中でも船宿の常連さんは確実にイサギをヒットさせていきます。良く見ていると、1匹かかっても少し待って2匹目をかけるまで巻き上げないようです。我々素人がこれを猿真似しても、1匹目に逃げられてしまうことが多々あるのですから難しいものです。イサギのタナを捉えたら、手返し良くタナを攻めて数を伸ばすのがこの釣りのコツのようですね。その後、ポツポツと拾い釣りをして11時までにイサギ12、アジ10、メバル2、ハナダイ1というやや寂しい結果でイサギ釣りを終了し、根魚五目にバトンタッチするため、一旦寄港となりました。(つづく)

110716_111519

« 管理釣り場のルアー釣り | トップページ | 年に1度は憧れる太平洋の黒潮 その2 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

行きたかった・・・。
けど、状況を鑑みると無理でした。

追伸:鬱になりました。

私も経験ありますし、誰でも大なり小なりあるものです。
新しいスタートをしたばかりですから、「思い通りいくはずがない」と割り切って乗り切ってください。
ガス抜きでしたら可能な限りお付き合いしますゆえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/40855626

この記事へのトラックバック一覧です: 年に1度は憧れる太平洋の黒潮 その1:

« 管理釣り場のルアー釣り | トップページ | 年に1度は憧れる太平洋の黒潮 その2 »