« スロー派の楽園 アンディランド | トップページ | クロちゃん3番勝負! »

2011年9月30日 (金)

台風通過後の南房総にて

 台風15号通過後の9月22日(木)。落ち葉拾いに追われていた午前中から一転して、夕方鴨川市江見の港にやってきた。陽気は秋風の涼しさが感じられ、港周辺の岩礁帯は白く波が砕け、台風通過後のうねりが残っているようだった。明朝までには納まってくれることを祈りつつ、船宿へ投宿した。

110922_183800 旨いものがあると旨い酒が飲みたくなる。

 JR内房線江見駅前の静かな商店街の一角にある船宿は、素泊まりができるものの食事がとれないので、裏手にある居酒屋に出かけた。地魚のお造りやカイワリの煮魚などを肴に焼酎を飲み、仲間3人と釣りの話や職場の話で盛り上がり、翌朝の釣行を気遣っていつもより早めに就寝した。勿論、イビキ対策は万全である。涼しい風に乗って波の音が寄せていた。

110923_120125 江見港に停泊する新栄丸

 9月23日(金)4時30分に起床。当日参加組が宿の下に来ていて、順次受付・会計を済ませて港に移動した。この日の乗船客は8人。うち7人が外道会のメンバーである。乗合のお客さんが1人来ていたが、右舷のみよし(船首)に座ってもらい、私はその隣に座した。慌しく準備を済ませて5時に出船となる。船頭から事細かに手返しやポイントについて説明されるうち、港外10分で最初のポイントに到着。

110923_070229 港から10分で最初のポイント

 朝一はマダイを狙うとのこと。3号5mの長ハリス2本針の仕掛けにオキアミをつける。船頭からの指示ダナはハリス(5m)+2mを取り、マダイ釣りらしいシャクリは入れずにリールのドラグを緩めて置き竿にするとのこと。20秒経って当たりがなければコマセを入れ替える。この繰り返しとなるが、当たりは一向になし。しばらくしてメンバーの中でアジやイナダが顔を出したが、最初の1時間余りはマダイの反応がなかった。

 「おかしいなぁ・・・反応は出ているんだけど食わないなぁ。」船頭がイライラしながら小まめにポイントを変更したが、やはりダメなのでイサギ狙いに変更となった。鴨川方面に10分ほど東進した水深25mほどのポイントで、イサギは高根の上に群れているので水面からタナ取りをするよう指示が出た。水面から20mから仕掛の長さ3m分の幅で、これまた置き竿で構わないとのこと。仕掛はハリス1.5号と細く、カラー空針の3本針である。餌は細かく切ったバイオベイトを付けるか空針でもOKとのこと。

 しばらくするとコマセが効いたらしく、ギュンと竿が絞り込まれる。慎重に巻き上げると縞模様が残る25cmほどのイサギが水面に躍った。釣れ始めると数を伸ばすために手返しが重要となる。イサギは根に群れているので、船が潮に流されて根の上を通過するときが勝負なのである。根を過ぎてしまうと当たりが遠退くので、船頭は船を回頭して元の位置に戻るので、繰り返しの釣りとなる。慣れてくると欲が出て、最初の当たりがあっても仕掛を巻き上げない。他の針にも追い食いを待つのである。3本針に3尾かかることもあり、イサギは入れ食いとなった。釣れるイサギの大きさは、15cmの縞模様が色濃い「ウリンボ」と呼ばれる小イサギから35cmの真っ黒いジャンボサイズまで様々である。船頭からは20cmに達しない「ウリンボ」はリリースするよう指示が出る。「大きくなって戻ってまた会おう。」という訳だが、そんな釣り人のロマンチシズムもイサギにとっては二度と御免被りたい話であろう。

110923_070239 イサギポイントへ移動 110923_103912 タイやイサギが舞い踊り・・・

 数時間に渡ってイサギは好調に釣れ続き、生簀バケツはイサギで真っ黒になってきた。間もなく制限定量の50尾に達するのではなかろうか。しかし、船頭がラストの1時間余りをマダイ釣りに変更した。ここで数人がグラム級の小型のタイとハナダイを釣り上げ、時折大き目のイナダが顔を出した。水面を大きなシイラが遊弋して、我々の釣果を狙っているようであった。結局大鯛の顔は見れず仕舞いで11時過ぎの納竿を向かえた。

110923_175141 クーラーは満タン 110923_183504 五目も達成!

 私の釣果はイサギ35、マダイ1、イナダ1、ウマヅラハギ1、マアジ1、小さな黒ムツ1とまずまずの釣果でリリースしたウリンボを含めれば定量50尾以上に達していた。船頭が途中でマダイ狙いに変更せずにイサギ1本で通してくれたら良型で定量に達していたことであろう。とはいえ、欲を出しても仕方ないこと。充分に釣らせてもらったし、船頭のやや小うるさい指示が煩わしく感じられたものの、熱意あふれる指導をもらったから良しとしよう。

« スロー派の楽園 アンディランド | トップページ | クロちゃん3番勝負! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

>熱意あふれる指導

ど:「あのぉ~、タナは・・・」
船:「同じだって言ってるだろ!」

伊豆の某船長w

夏の思い出ですね(笑)
外道会版「あの人に逢いたい」でもやってみましょうか?
・・・誰も来ないよなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/42153092

この記事へのトラックバック一覧です: 台風通過後の南房総にて:

« スロー派の楽園 アンディランド | トップページ | クロちゃん3番勝負! »