« 西丹沢の紅葉は・・・ | トップページ | どじょっ子やらザリっ子やら・・・ »

2011年11月20日 (日)

天然児にひかれて電車見物

 週末は珍しくまとまった雨があって、山ニモイケズ、海ニモイケズ・・・

 そんな日の朝はゆっくりと起きて、午前中は新聞、雑誌とお茶。お昼前にようやくメジナの水でも汲みに行こうと堤防に行きましたが、物凄い波浪で堤防に波が上がって近づけませんでした。そんな中でも沖には数隻の釣り船が出ていましたが、沖はそれほどでもないのかもしれませんね。wave

 午後は家族で植物園(植木屋)に行き、かみさんが花を見ている間は天然児とドックランを見学。ラブラドールにジェパード、大きなプードルと大型犬ぞろいで天然児は囲い網にすがって大興奮。天然児の雄叫びに犬も釣られて大興奮。(汗)dog

 さて、帰ろうとしたところに天然児ナビが作動し、指示に導かれて植物園から車で5分とかからない秦野の田んぼにやってきました。ここは小田急線東海大学-秦野間の大きくカーブした場所で、丹沢や弘法山をバックに走行する電車が何ともいえない感動を与えてくれる我が親子の大好きな電車見物ポイントです。最近はここも撮り鉄マニアに知られるようになったようで、この日も三脚で定点撮影を楽しんでいる若者が数人いました。camera

Dsc01896 撮り鉄も多くなりました。 Dsc01891 弘法山を背景に疾走する電車

 小田急線は比較的本数が多く、更に休日は特急ロマンスカーの本数が多いので、普通電車とロマンスカーが交互に通過します。小田急線は他の私鉄に比して特急車両の種類が多いのが◎ですね。traintraintraintraintrain

Dsc01889 10000形 Dsc01892 20000形 Dsc01899 50000形花形です!

 さて、この区間は歴史的な鉄道事故の舞台になったことは、今や沿線住民でも知る人は少ないと思います。終戦間もない昭和21年1月28日。当時大根駅と呼ばれていた東海大学駅を出発した新宿発小田原行きの電車が、大秦野駅(現在は秦野駅)を出発後に停電により停止してしまいました。運転手が下車して点検中に制動ブレーキの故障(?)によって電車が運転手を置き去りにして退行してしまい、今まで上ってきた勾配を徐々に加速した電車は、時速100km近い高速に達してついに鶴巻駅(現在は鶴巻温泉駅)で脱線転覆。死者30人と重軽傷者150人以上を出す大惨事となってしまいました。ブレーキ故障は戦後の技術者不足による整備不良だったのかもしれません。電力の供給不足による停電も併せて戦後の混乱期ならではの事故といえますね。

 65年前、目前の勾配を暴走していった列車の中で、遭難者はどんなに恐怖を味わったことでしょう。痛ましいことです。そんな昔の話もありますが、天然児はここが大好きです。

Dsc01893

« 西丹沢の紅葉は・・・ | トップページ | どじょっ子やらザリっ子やら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/43085675

この記事へのトラックバック一覧です: 天然児にひかれて電車見物:

« 西丹沢の紅葉は・・・ | トップページ | どじょっ子やらザリっ子やら・・・ »