« 大山初詣 | トップページ | 山行 表丹沢の穴場 ヨモギ平~三ノ塔 »

2012年1月 5日 (木)

秩父で満願成就のお手伝い

 以前、職場の友人の坂東三十三観音巡りをお供したことがありましたが、この友人は秩父三十四観音巡りも掛け持ちしていて、既に秩父市内と横瀬町内の1~30番札所までを2日間レンタサイクルで巡った兵ですが、残りの31~34番札所が小鹿野町内などの山間部に位置しているため、今回2回目のお供として与力することになりました。

P1010989 西大家駅。電車は4両編成が15分に1本という気前の良さ

 12月23日(金)、東武鉄道越生線の西大家というローカルな駅に友人を迎え、R299号線を秩父に向かいます。秩父というところは、私の40年近い人生の中でほとんど縁がなかったのですが、今年になって2回目となります。正丸トンネルを抜けると左手に秩父地方のランドマーク武甲山が見えてきます。かつての名山は石灰採掘により見るも無残に山肌をさらしていますが、その身を我が国のインフラ整備に供した功労の証明です。

 横瀬、更に秩父市内をスルーして小鹿野町へ。進行方向には青空の下、両神山が堂々と裾を広げています。個人的には観音巡りよりも秩父の山登りを楽しみたいものであるが、そこは友情優先で行きましょう。小鹿野町の山間に第31番札所鷲窟山観音院の山門がありました。日本一の石彫りの仁王様が安置された仁王門の先は、立ちはだかる絶壁を登る急階段。階段を上りきると岩山を背負うように小さな観音堂が建っていました。この観音堂は武蔵の剛勇畠山重忠の建立なんだそうです。観音院から少し下ったところには山の斜面一面にお地蔵さんが並びます。水子供養の地蔵尊なんだそうですが、一見の価値ありです。

観音院の風景

P1010991 P1010993 P1020006

P1020008 観音院近くにある水子地蔵尊

 同じ小鹿野町内には第32番札所の般若山法性寺もあります。山門を潜ろうとすると、家で留守番をしているはずの女将が?!もとい、般若山の名のとおり、立派な山門と本堂には般若の面が見下ろし、参拝者の気を引き締めます。本堂奥の斜面には観音堂が建ちなかなか趣がありますが、天然児が渋ったので友人夫婦だけで参拝してもらいました。

法性寺の風景

P1020019 山門 P1020014 本堂 P1020016 観音堂

P1020011 かみさんも来てました(汗)

 小鹿野町から秩父市に入り、第33番札所菊水山延命寺へ。「延命」とは何とも魅力的な名称のお寺です。延命寺境内は今までとは違って平坦でこじんまりしています。そして、ここの目玉(私的な)は、本堂の中には何とも艶めかしい縁起・・・秩父だけに「乳」?これまた一見の価値ありです。(詳細は自分の目で確かめられることをお勧めします。)

P1020024 延命寺はこれだけ・・・

 昼飯を食べる時間も惜しんで巡礼は進みます。これぞ信仰心というものでしょうか。秩父から北の皆野町に入り、いよいよ、秩父三十四観音(全国百観音)満願成就の寺日沢山水潜寺に至りました。清らかな谷川沿いの参道には三十三の観音像が並んで、本堂前には坂東、西国、秩父百観音札所の砂が集められている台座もあったりして、ちょっと得した気分に浸れるお寺であります。秩父で初の満願成就を達成して、思い一入の友人夫婦は、本堂で般若心経を唱和していました。満願成就おめでとう。めざせ百観音!

水潜寺の風景

P1020026 P1020033 P1020036

« 大山初詣 | トップページ | 山行 表丹沢の穴場 ヨモギ平~三ノ塔 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

その節はありがとうございました
あれから、江戸と坂東も何箇所か行きました!
最終●脱まであと少しヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

脱関東のあかつきには西国、四国と少し高いステージに行くぜ!
がんばる!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父で満願成就のお手伝い:

« 大山初詣 | トップページ | 山行 表丹沢の穴場 ヨモギ平~三ノ塔 »