« 山行 愛鷹の深部に美林あり 位牌岳 | トップページ | 上原中佐の遺徳を求めて・・・ »

2012年1月25日 (水)

山行 三浦低山縦走 三浦富士、砲台山、武山

 先週末から今週にかけては、下界でも雪がちらつきましたが、真っ白く雪化粧をした丹沢をバックにした我が地元も雪国の様相です。身近な山々もこうなると素人には敷居が高くなってしまうものです。春先までは雪の影響をうけない低山ハイクをしばらく楽しもうと思います。地元である大磯渋沢丘陵、曽我丘陵には、気持ちが良い陽だまりハイキングが楽しめるコースがいくつかありますが、三浦半島や伊豆方面にも魅力ある低山が存在するようです。

 1月15日(日)横浜横須賀道路佐原インター付近は暴走族の集会があるようで、警察車両なども引き連れて近年希に見る盛り上がりようでした。最近の若い衆には、この手の文化は受け入れられないものと思っていましたが、これだけの規模のグループが残っていることに驚きました。珍しく同行した長男も興味津々です。カードばかりやっているよりは爽やかかもね(笑)

 一山越えて国道134号線にぶつかると正面には東京湾が広がります。この辺りは津久井浜と呼ばれる海岸線です。京浜急行からのアクセスも良いこの海水浴場は、夏には多くの人で賑わいますが、冬の静かな海が広がっていました。三浦の丘陵地帯では大根の生産が最盛期ですが、津久井浜付近では早くもイチゴ狩りが始まっていました。

P1020399 観光農園から見上げる山並み(左から武山、砲台山、三浦富士)

 イチゴは後ほど買って帰ることにしておいて、図々しく観光農園の駐車場からみえる穏やかな山々を歩くことにしました。観光農園のビニールハウス群を抜けて、舗装された農道を上がっていきます。鈴生りのイチゴを前に天然児は目で訴えかけてきます。「父よ私達の目的はこのイチゴではなかったのですか?」平地はイチゴ農園ですが、南向きの日当りの良い山の斜面はみかん畑です。カラスやらヒヨドリがもぎ残しの果実を求めて乱舞していました。

P1020403_2 三浦富士への道 P1020409

 警察犬訓練学校の前を過ぎるといよいよ山道です。とはいっても、幅もあってなだらかな登山道なので、子どもたちは悪ふざけをしながら楽しく登っていきます。クヌギなど落葉樹の他、楠、樫、椎などの照葉樹の大木が賑やかな山です。海岸方面から時折騒々しい暴走族の爆音が聞こえてきますが、山頂直下の階段下まで来ると山頂から爽やかなコーラスが聞こえてきました。「大きな~歌だよ~あの山の~向こうから~・・・♪」歌声に引かれて階段を登ると、三浦富士(183m)の山頂にハイカーのグループが集って歌っていました。山頂からは南が大きく開けて、東京湾口を挟んで三浦剣崎と房総洲崎が見えています。もう少し天気が良ければ本家富士山も見えるようです。

P1020411 三浦富士 P1020416 P1020417 本家は見えませんでした。

 三浦富士を後にして尾根道を渡っていきます。この尾根道は比較的平坦で、ハイカーの他にトレイルランのグループが往来していました。我々一行が賑やかに渡っていくと、周辺の樹木をリスが逃げていく姿が目立ちましたが、鎌倉辺りに多いタイワンリスが三浦全域に浸透しているようです。

P1020420 三浦富士から砲台山へ P1020429 剣崎方面の展望

 尾根を渡ると岩肌が荒々しく露出するピークを巻いていきます。山頂付近には人為的に削り取られた痕跡やコンクリート建造物も見られましたが、砲台山(204m)はその名のとおり、東京湾口を見下ろす絶好の位置にあるため、お台場があった・・・のではなく、戦時中に高射砲陣地が設けられ、帝都方面に侵入するB29編隊を迎え撃ちました。山頂にある電波塔の下には円形の半地下式砲台が残されていましたが、かなり大型の台座でした。これだけのものですから、海軍の12.7cm連装砲塔が置かれていたのではないでしょうか。1基ということはなかろうと付近の藪を探ってみると、もう1基藪に埋もれていました。

P1020433 この塔はなんでしょうか・・・ P1020435 山頂の砲座跡 P1020436

P1020437 もう1基は藪の中 P1020441 この水槽も古いもののようです。

 砲台山から武山に向かいます。こちらの尾根にもリスやネコがチョロチョロしていて子供たちを喜ばせました。山の北麓には大きな建物が並んでいますが、YRP(横須賀リサーチパーク)の研究施設でしょう。程なく防衛省のレーダーサイトがある武山(200m)の山頂に到達しました。ここには武山不動尊が祀られていて、特に漁業関係者からの信仰が厚いようです。また、武山山頂はツツジの名所として名高く、毎年4月下旬から5月にかけては2千本のツツジが見事に咲いて、多くの人が訪れる場所です。(実は武山一帯は我が家のルーツの地です。)

P1020444 武山へ向かう P1020449 武山山頂 P1020460 武山不動尊 P1020463 せっかちなツツジ

 山頂の展望台からは360度の展望が楽しめました。

P1020453 砲台山(湾の向こうに鋸山と富山) P1020455 横須賀猿島

P1020458 剣崎(対岸が房総洲崎) P1020454 YRP

 武山から南に延びる尾根を下り、30分程で観光農園に戻りました。戻った頃にはあれだけ停まっていた車が我が家だけとなって、おまけにお義理で買うつもりだったイチゴは売り切れ。イチゴ狩りツアーの観光バスのお見送りの脇をそそくさと、バツが悪い退場となってしまいました。スイマセン。

☆メンツ:天然児、長男、ババ、自分

★コースタイム:2時間25分(休憩含む)

津久井観光農園P13:15→13:45三浦富士13:50→14:30砲台山14:35→14:55武山15:10

→15:40津久井観光農園P

Photo

« 山行 愛鷹の深部に美林あり 位牌岳 | トップページ | 上原中佐の遺徳を求めて・・・ »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/43863405

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 三浦低山縦走 三浦富士、砲台山、武山:

« 山行 愛鷹の深部に美林あり 位牌岳 | トップページ | 上原中佐の遺徳を求めて・・・ »