« 勝浦の朝市 | トップページ | 天然児 IN 誕生寺 »

2012年2月16日 (木)

速報!寄のロウバイまつり

 今日は子どもが買ってもらったばかりの自転車を盗まれてしまいました。図書館で遊んでいてちょっと目を離した隙の出来事だそうで。この世の中、盗んだ人間は自転車が欲しくてやったのではないでしょう。愉快犯というものは許されざるものだと思います。普段ものの有り難味が今ひとつな我が子なもので、ついついきつく叱りつけてしまいましたが、自転車が帰れば良い薬になるものと思っています。

 さて、ブログを更新している最中も外は小雪がちらついています。寒さが停滞する昨今ですが、先週末に花の便りを受けて足を運んできました。例年二宮の菜の花の次は、曽我の梅が定番でしたが、梅まつりがスタートして半月が経過しても、梅の咲きは1~2分咲きで大幅に遅れているようです。曽我の梅はしばらく様子見として、2月11日松田町寄(やどろき)のロウバイまつりに行ってきました。

P1020718 P1020726 茶畑の中に咲くロウバイ

 寄自然休養村から東側高地の土佐原集落に向かって農道を歩きます。この道は鍋割山に向かう登山道でもあります。お茶畑の中を10分ほど歩いた山腹がロウバイまつりの会場です。この辺りは時季が下れば枝垂桜が咲く花の里です。入口ではおでんや川魚、甘酒などが売られていました。その先の斜面一帯にロウバイが咲いていました。満開のロウバイの中を歩いていると独特の甘い香りが漂います。

P1020728 P1020731 P1020736 ロウバイまつり会場

 ロウバイはこの週末も楽しめると思いますので、春の匂いを感じに訪ねてみてはいかがでしょうか。

P1020737 湧き水を見守るお地蔵さんにもロウバイの花が供えられていました。

« 勝浦の朝市 | トップページ | 天然児 IN 誕生寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もう、梅が見れるんですか。

ロウバイは蝋梅と書くのですが、梅とは別種です。
黄色い小さな花と甘い香りがなかなか良いものです。
かの平沼師範の工房がある宝登山もロウバイの名所です。
三十四観音だけが秩父じゃないから。そこ頼むぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報!寄のロウバイまつり:

« 勝浦の朝市 | トップページ | 天然児 IN 誕生寺 »