« 帰ってきた若獅子 富士山麓ドライブその1 | トップページ | 富士山麓にワンコ鳴く 富士山麓ドライブその3 »

2012年3月 3日 (土)

仁義の滝でB級グルメ 富士山麓ドライブその2

 若獅子神社参拝を終え、この地域の定番スポット白糸の滝を訪れました。白糸の滝は何度も訪れますが、やはり滝というものは緑眩しく暑い時季に暑さ凌ぎに飛沫を浴びながら観るのが最高です。この時季は水量が少なめだし、第一寒々しい・・・とは言え、見応えがあることに変わりはないスポットなので、初めてという人にはお勧めです。ここに限らず、観光地にマイカーで来ると、駐車場の呼び込みが道路両側からすごくてちょっと苦手です。優柔不断の私はお約束の迷いが生じて道路を行ったり来たり・・・

 やっとこさ駐車して、お土産屋さんが軒を連ねる導入路を歩くと、先ずは右手に音止の滝。富士山と天子山塊の湧水を集めて流れる芝川本流の水量は季節に変わりなく、落差25mを勢いよく落ち込んで轟音をあげていました。何で「音止」なのかと申しますと、鎌倉時代にこの一帯で巻狩りを楽しんでいた源頼朝主従の中で発生した事件。御家人工藤祐経が曾我十郎、五郎兄弟に暗殺された、いわゆる曾我兄弟の仇討ちの場面において、事前に兄弟がこの滝の付近で暗殺の密議を話し合ったところ、瀑音で会話もままならない。そこで音を止むよう念じたところ、不思議と瀑音は途絶え、曾我兄弟は見事本懐を遂げたたといいます。曾我兄弟の仇討ちについては、美談として語り継がれていますが、騒動の発端は一族同士の醜い所領争いから出たものです。私は工藤氏の冤罪を主張しますが、この場では控えることにしましょう。

P1020840 ドッカン系!勇壮な音止の滝

 音止の滝の先に白糸の滝ですが、観瀑台への道は土砂崩れで通行止めになっていました。残念ですが遠めで観瀑しました。先に音止の滝を観瀑した後なので、どことなく女性的な印象でした。今回は主役の座を音止の滝に譲りましたが、白糸の滝が見せるワイドな落ち込みは見事なものです。これら瀑布は日本の滝百選に選定されています。

P1020841 どことなく女性的な?白糸の滝

 さて、音止の滝の横にあるお店で、御当地B級グルメのはしりである富士宮やきそばをいただきました。滝を見下ろす絶好の立地のお店で、オープンカフェもありましたが、やはりこの時季ですので、薪ストーブの焚かれた室内でヌクヌクいただくのがベターです。鰯粉の風味が効いたやきそばは何度食べても最高ですかぁ・・・最高です!

P1020842 あったか~い♪ P1020844 こういう「逆さ富士もあるんだねぇ」

« 帰ってきた若獅子 富士山麓ドライブその1 | トップページ | 富士山麓にワンコ鳴く 富士山麓ドライブその3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最高ですが・・・「納得できません!!」

早速使い手になっていますなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁義の滝でB級グルメ 富士山麓ドライブその2:

« 帰ってきた若獅子 富士山麓ドライブその1 | トップページ | 富士山麓にワンコ鳴く 富士山麓ドライブその3 »