« ツルツルと3・11を過ごす | トップページ | やっちまった・・・ »

2012年3月14日 (水)

曽我の梅はどうですか?

 数日前に身に覚えのない電話番号から着信がありました。恐る恐る受話してみると、2年前に職場の異動となったとき、同時にご勇退された嘱託のおじさんからでした。老後の趣味に釣りに誘ってくださいということで携帯番号を教えたのですが、「曽我の梅はどうですか?もしよろしければご案内いただけませんか?」とのこと。

 風の便りでは、この冬の寒さで各地の花は大幅に開花が遅れているとのこと。曽我の梅まつりも3月6日まで期間を延長したものの、満開には至らなかったようです。久しぶりにお会いするので案内するのはお安い御用ですが、せっかくなら見頃にご案内したいところです。

 3月11日に天然児&ババを連れ立って曽我梅林に偵察にやってきました。梅まつりは終了していましたが、アイス工房に隣接して無料駐車場が設けれていたことはありがたい限りです。渋滞も無くスムーズに駐車しましたが、天然児はスムーズにはいきません。当然のようにアイスを要求してきました。駐車場は梅林を見下ろす位置にあり、紅白に色づいた梅林を見下ろしながらアイスを食べる人も多いようです。

P1030045 別所梅林その数3万5千! P1030069

 足柄平野の東側に位置する曽我丘陵には3万5千本もの梅が植えられていて、花の頃には地域の重要な観光資源となっていますが、本来は小田原北条氏が奨励して以来の農産物なのです。その曽我丘陵の梅の中でも、JR下曽我駅から程近い別所梅林が観梅の会場となっています。

P1030049 紅白梅合戦? P1030054 燃え上がる炎の如く P1030066 紅梅と青軸

 さて、朝からどんより空でしたが、青空ものぞき始めましたので梅林の中を歩いてみましょう。別所梅林には十郎を始め、白加賀、南高などの白梅が農業用に多く植えられていますが、観梅向けに紅梅、紅しだれ、青軸しだれ、蝋梅など多くの種が彩を添えて、観光客の目を楽しませてくれます。11日の時点で、7~8分咲きという感じですが、場所によって多少差があるようでした。お彼岸の入りくらいまで楽しめそうですね。

 そうそう、花の美しさや香り以外にも、面白い風景を見つけましたのでご紹介しましょう。

P1030072 養蜂の巣箱を見つけました。今や養蜂家も数少ないようですね。

P1030071 梅が涙ぐましい筋トレ?!いえいえ、実の収穫がし易いように枝を低く矯正しているのです。

P1030065 こういう「大文字」もあるんだね~

 さて、別所梅林の外れにJRの国府津車両区があります。休日の日中、多くの車両が引込線で休んでいました。天然児は花より電車です。

P1030063 00018mts_000049082 車両区の横を御殿場線が通過します。

« ツルツルと3・11を過ごす | トップページ | やっちまった・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽我の梅はどうですか?:

« ツルツルと3・11を過ごす | トップページ | やっちまった・・・ »