« 梅は咲いたか、桜は・・・観れますよ! | トップページ | 山行 静かな大山登山 その2 »

2012年3月24日 (土)

山行 静かな大山登山 その1

 3月18日(日)は半日自由を手に入れました。scissorsでも、この日は気温が上がって朝から辺り一面霧が立ち込めるイマイチな空模様です。山では笑えそうもないので、地元でアジでも釣りに行こうかと思いましたが・・・朝起きてどーも気乗りがしません。なぜか用意した釣具は車に積まず、車を走らせ七沢温泉郷の一角、広沢寺温泉の駐車場にやってきました。ここから二の足林道を詰めて、不動尻から唐沢峠経由で大山を目指します。

P1030080 霧に包まれる広沢寺温泉 P1030081

 7時30分、広沢寺温泉を出発して二の足林道を歩き始めます。山間の耕地には霧が立ち込め、その中にもポツリポツリと梅の花が浮かび上がっています。七沢弁天の森方面の道を分けて堰堤を越えると、石切場の跡地は大きく切り開かれ、生活感のある廃屋も取り壊されていました。林道の拡幅工事が行われるようですが、この林道を今更拡幅して何のメリットがあるのでしょうか。疑問です。

P1030083 切り開かれた石切場付近 P1030085 ゲート近くの水場

 林道ゲート脇の湧水で喉を潤し、このブログでは何度も登場した山ノ神トンネルを通過します。爽やかな朝の空気も一変、このトンネルの中はいつも嫌な感じが付きまといます。早足でトンネルを抜けると目の前に大山が見えました。歩き始めてから小1時間で不動尻に。ここの名物ミツマタの花はつぼみも大きくなっていて開花目前でした。見頃は月が替わる頃でしょうか。http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3477.html

P1030091 大山の山頂が見えます。 P1030096 不動尻にはこんな小道がいっぱい

 不動尻キャンプ場の跡地の先で林道は終点となって、いよいよ大山への登山道です。すぐに三峰山南峰方面への道を右に分け、大山唐沢峠方面に向かいます。やや荒れて倒木の多い登山道を上がって行きます。唐沢峠までの尾根道はやや急で、左には日向から上がる梅ノ木尾根が平行して、右手には三峰山が近くなってきました。標高700mを越えた頃から雪が見え始めました。

P1030101 梅ノ木尾根 P1030103 あー雪だ!P1030104 唐沢峠に到着

 唐沢峠で大山から北の三峰山に向かう尾根ルートにぶつかります。この辺りはモミや赤松の大木が見られます。峠から左の大山方面に向かいます。少し下って左右が大きくザレた鞍部を渡って大山に取り付きます。この辺りはちょうど1年前、大山から三峰山を縦走したときにカモシカと出会った場所です。http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c944.html

P1030107 モミの大木 P1030112 鞍部のザレ場 P1030114 下界は雲の下

 左手に梅ノ木尾根が合流すると、大山の頂上が近づきますが、大山北斜面となるこの辺りから雪が深くなり、アイゼンを装着することにしました。この北尾根は人が余り歩かないルートなのですが、雪の上には動物の足跡が登山道に沿って頂上方面に延びています。夜間に鹿の群れが歩いていったのでしょうか。

P1030120 雪深くなり・・・ P1030116 動物の痕跡 P1030118 三峰山と奥多摩方面

 傾斜が急になると雪にかじりついて登りますが、予定よりは大幅に遅れています。見晴台方面からのルートと出合うと雪が消えて、代わって路面は泥濘になっていました。見晴台-山頂間は多くの登山者が歩くルートですからね。再び雪深い大山の肩を経ると、山頂は目と鼻の先です。山頂からは笑い袋のようなオバチャンの声が響いてきました。さすがは大山、天気がはっきりしない日でも人出があるようです。それにしてもすごい笑いだ・・・笑うことは健康に良いですからね。登山もまたしかり。長生きしますね。

P1030125_2 大山山頂 P1030128 阿夫利神社上社 P1030122 雲海に浮かぶ箱根外輪山

 出発から3時間弱で大山山頂(1252m)に到着。阿夫利神社上社に参拝した後、売店で山菜そばを頼みました。山上では暖かいものが何よりのご馳走です。売店のおじさんに聞いたところ、2月は大山でも積雪が50cmに達したとか。侮れませんね。(つづく)

« 梅は咲いたか、桜は・・・観れますよ! | トップページ | 山行 静かな大山登山 その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/44570768

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 静かな大山登山 その1:

« 梅は咲いたか、桜は・・・観れますよ! | トップページ | 山行 静かな大山登山 その2 »