« 山梨桜探訪 その1 | トップページ | 山梨桜探訪 その3 »

2012年4月26日 (木)

山梨桜探訪 その2

 山の神千本桜を見た後、麓にある道の駅「とよとみ」でシルク入りアイスクリームを食べながら「さて、次は東か西か・・・」西には武川実相寺の神代桜、東には塩山慈雲寺の糸桜か・・・勝沼辺りは桃の花が満開かもしれないなぁ・・・作戦を練ります。この道の駅は第1回直売所グランプリで栄えある1位を得た名誉ある道の駅です。初夏はもろこしを買う人で行列ができますが、この時季はまだまだ。

 行動開始!笛吹川、さらに釜無川を渡って、釜無川河畔にある日本航空学園のキャンパスを見ながら韮崎市へ。韮崎市の山の手、甲斐武田発祥の地である武田八幡宮の門前に車を入れます。でも、武田八幡宮には背を向けて田園地帯を歩きます。天然児はまた山に連れ込まれるのかと警戒心満々です。

P1030491 のどかな田園風景

 まだ水の入らない田んぼの中をのんびり歩いていくと・・・

P1030504 見事な大樹です。

 今回の桜スポット第2弾「わに塚の桜」にやって来ました。この桜は樹齢300年のエドヒガンザクラの1本大樹です。耕作をしているおじさんの話によれば、「先週が一番素晴らしかった。でもそれ以上に人が凄かった!」とのこと。この時季花咲くところに人だかりができるのは当然です。ピークは過ぎてしまったものの、この日の桜も茅ヶ岳をバックに見応えは充分です。

P1030497 茅ヶ岳もよく見えます。 P1030499 根元にも花々が賑やか

 「わに塚」とは鰐塚とも王仁塚とも表されますが、けっしてワニのお墓ではありません。何でも、日本武尊の子、武田王がご当地で執政を行い、死してここに葬られたとか。王仁塚というのが正しいようです。その後、新羅三郎義光の曾孫源信義がこの地に土着し、武田王にあやかって武田氏を名乗り、甲斐武田氏が発祥したのです。

P1030503 もう一回いくぜ~

 桜の近くでかみさんのマイブーム「苔玉」が売っていたのでお土産に買って帰りました。苔だけにコケオドシにはのらないでしょうけど・・・

« 山梨桜探訪 その1 | トップページ | 山梨桜探訪 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山梨桜探訪 その2:

« 山梨桜探訪 その1 | トップページ | 山梨桜探訪 その3 »