« 山里のナイトショー 南会津の旅その3 | トップページ | ミニ尾瀬、駒止湿原ハイク 南会津の旅その5 »

2012年7月23日 (月)

早起き山デート 南会津の旅その4

 夏山の朝の清々しさといったらありません。澄んだ青空、山間にたちこめる朝霧、朝露のみずみずしさ、草木の匂い、鳥獣の鳴動・・・この感動が体に染み付いているのか、必ず早く目覚めてしまいます。会津の山里はどんな風景を見せてくれるでしょうか。

P1040833 オオミズアオ P1040834 ミヤマクワガタ

 宿の周辺をブラついていると、灯火の下でミヤマクワガタのメスとご対面。街の灯りに誘われて山から飛んできたものの、朝になって帰りそびれてしまったようです。こんなところでウロウロしていたら踏みつぶされるか、カラスの餌食になってしまうでしょう。「よっしゃ!おねーちゃんたち、山に帰してやる代わりにちょっとおじさんとつきあってくれよ。」クワガタ女子2匹をちょいと朴葉(ほおば)に乗っけて歩きだします。

P1040836 私たちどうなっちゃうのかしら・・・ P1040835 ここを登ってみよう!

 爽やかな朝、さてどこに行こう?と考えただけで心弾みます。宿の向かいの山にスキー場があって、吸い寄せられるようにゲレンデを登っていきます。ゲレンデの上まで行けば周辺の景色が良さそうだとふと思ったからです。アブにつきまとわれ、朝露で足下を濡らしながら急斜面を登ってみると、山間を埋める朝霧に山々が浮かぶ素敵な景色が見渡せました。

P1040842 朴の木 P1040849 ゲレンデから眺めた景色 P1040850_2 冬は豪雪に見舞われるのでしょう。

 朝の山は静まり返って、野鳥のさえずり以外何も聞こえてきません。ゲレンデはさらに山の山頂に広がっていましたが、周囲の深い樹林から動物たちが闖入者をジッと環視しているのではないか・・・そう思うとちょっと不安になって、先に進むことをあきらめて林道をくだりました。おっと、忘れてはいけません。林道脇のブナの枝に山デートにつきあってくれたクワガタ女子を放してあげました。良い相手を見つけて種を残して欲しいものです。

P1040844 2度とネオンに惑わされるなよ。

つづく・・・

« 山里のナイトショー 南会津の旅その3 | トップページ | ミニ尾瀬、駒止湿原ハイク 南会津の旅その5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ミャンマムクワg・・・なんでもありません。

けふ遭遇しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早起き山デート 南会津の旅その4:

« 山里のナイトショー 南会津の旅その3 | トップページ | ミニ尾瀬、駒止湿原ハイク 南会津の旅その5 »