« 夏の夕時は蓮見の池に | トップページ | 水辺の恋しい時季 »

2012年8月 1日 (水)

もう一回行くぜ~ 南会津の旅+1

 前回、天然児&ババの組合せで出かけた南会津。土産話に神が余りにも食らい付いてきたので、神、長男、神ご両親それに天然児の組合せで第二次会津征伐と相成りました。

P1050100 南会津にも曲屋が多い

 前回は大内宿で食べられなかった名物高遠そばを食しました。味噌ベースに辛味大根、箸の代わりに長ネギという組合せはご当地一番店の三澤屋さんです。お昼を少し過ぎていましたが、1時間待ちということ。でも、待ち時間を利用して宿場を散策できました。

P1050025 三澤屋 P1050039 高遠そば P1050008 現役スズメバチの巣

 神が食らい付いたのはホタルです。天候に左右されやすい虫なので、今回はどうかなぁ・・・と危惧しましたが、見事に見ることができました。よくよく観察してみると、ヘイケボタルでした。ヘイケボタルはゲンジボタルより小型で、余り飛び回らず畦の草むらや林の枝にとまって日常ではすっかり擦れている長男ですが、会津の自然に触れると、隠していた昆虫好きな本能が回帰したのか、ホタル以外にもクワガタやバッタに興味を示していました。

120728_006 ←長男が携帯にて撮影→ 120728_0081

 駒止湿原では、ニッコウキスゲの花はすっかり消えて、代わりにキンコウカやコオニユリの花が見頃を迎えていました。

P1050117_2 コオニユリ P1050126 キンコウカの群落

 前回は期ずれで買えなかった南郷名産であるトマトを、今回留守番になったババに買って帰りました。

« 夏の夕時は蓮見の池に | トップページ | 水辺の恋しい時季 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

神?
神職ですか?(゜∀゜)

神職ではなく、神そのものです。これにかかっては手も足も出ません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/46521978

この記事へのトラックバック一覧です: もう一回行くぜ~ 南会津の旅+1:

« 夏の夕時は蓮見の池に | トップページ | 水辺の恋しい時季 »