« 夏だ!海だ!イサギだ~! 房総釣行その1 | トップページ | 山行 雨歩きを楽しもう 尊仏ノ土平その1 »

2012年8月21日 (火)

イサギもびっくり!源平船合戦 房総釣行その2

 最初のポイントが渋くなってくると、船頭は船を洲崎灯台の南から西へ向け、ちょうど館山湾の出口辺りで流し始めます。澄んだ海面をエメラルドグリーンのシイラが悠々と泳いでいきます。夏だなぁ~♪wave

120818_111511 岬の風に振り向く俺は、海の男の顔だ~ろ~

 なんて感慨にふけっていると、朝から薄曇だった天候はだんだんと怪しくなって、対岸の三浦半島や伊豆大島方面はどんよりと雷雲が垂れ込めていました。そのうち房総の富山なども雲で隠れ、時折三浦半島の方向で稲光と雷鳴が轟き、どうやら雷雲に完全包囲されてしまったようです。パラパラと大粒の雨が落ち、早上がりの不安が脳裏をよぎります。

120818_064746_2 暗雲迫る洲崎 120818_082429 島ではありません。房総半島の先端部です。

 しかし、大粒の雨が時々パラつく程度で、不思議と我々の上空だけ雨雲がかからないような状態です。天佑神助!こうなったら釣るしかありませんよ。この湾口のポイントは中、小型のイサギがパラパラと釣れ続きます。潮の流れが少しあって、仕掛けを2回ほど落とすと根を過ぎてしまうので、船頭は小まめに潮流の上に船を回します。shipdash

 後半になると少し疲れがでたのか、誘いが鈍るとイサギに代わってゴツンと重いあたりが交じります。定番外道のウマヅラハギの登場です。釣れるウマヅラは30~40cm級で型が良く、淡白な白身は煮付けるととても美味しく食べられます。ハギ名物の肝もカワハギよりもBIGですよ。その他、船中ではカサゴ、アジ、メジナなどの外道が顔を出していたようです。

120818_082021 ウマウマ・・・ときには二頭立ても。

 突如、船頭が隣の船に大声で警告を発しました。船体に横浜某丸と書かれた大型のプレジャーボートです。確かに我々もおかしいと気付いていたのですが、この船は朝からずっと源平丸の後をつけ回っていたのです。相手の船長は「プレジャーボートだよ」と澄ました顔で白を切りますが、乗船している釣り人が一体感がなく白々しいんですよ。地元船頭が知っている根の位置を後からつけてイサギを釣らせるとんでもない輩かもしれません。船頭も怒るわけですよ。annoy

 ちょっとした船合戦もありましたが、プレジャーボートが南に高速で去った後は終始順調に釣れ続き11時に納竿。最後はコマセが切れて付け餌だけで流しましたが、タナが合っていればイサギは食ってきました。帰港すると夏の日差しが戻ってきましたので、雨もなくちょうど良いコンディションで釣りができました。sun

120818_111444 これが房総のすごさ!

 釣果はイサギ45、ウマヅラ5、カサゴ1でクーラーは満タン♪その他ベラやスズメダイなど細々とした輩は丁重にお断りさせていただきました。仲間内では竿頭に悦に入ったところで、上には上がいるもの。外道会の他に同船していた常連客さんはイサギ80を叩き出していました。やはり房総の海は凄い!

 好釣果になると気前がよくなる海笑。親戚、知人、実家と配り歩いて手元に残ったのは小イサギの開き3枚でした。でも脂が乗って美味しそうだなぁ。delicious

« 夏だ!海だ!イサギだ~! 房総釣行その1 | トップページ | 山行 雨歩きを楽しもう 尊仏ノ土平その1 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

あぁ~、行きたかったなぁ・・・。
でも仕事だったからなぁ。

この文章に誘惑され、31日仕事休んで庄治郎にLT行く予定です。(笑)
んで、9月3日からドイツ出張・・・。orz

忙しい中に遊んでこそ男子の本懐なり!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/46778155

この記事へのトラックバック一覧です: イサギもびっくり!源平船合戦 房総釣行その2:

« 夏だ!海だ!イサギだ~! 房総釣行その1 | トップページ | 山行 雨歩きを楽しもう 尊仏ノ土平その1 »