« 山行 水もしたたる女子2人? 尊仏ノ土平その3 | トップページ | 駿府海岸線ドライブ »

2012年9月 1日 (土)

天然児の雨乞い参詣

 今年の夏は雨が降りませんね。休日の夕方は猫の額の植木たちに水遣りをしてあげないといけません。そうはいっても水道代は馬鹿にならないもの。お盆休みが終わる8月19日(日)天然児を連れて大山阿夫利神社に雨乞いと避暑を兼ねて参詣することにしました。

 何故に大山に雨乞いかといいますと、大山はその昔雨降山といわれ、大山寺開山の後に修験道の道場となり、中世以降は大山講にみられる大衆の信仰を集める山でした。その山の神大山祇大神を祀ったのが阿夫利神社なのです。

P1050379 灯ろう祭の絵灯ろう P1050354 駅に向かう参道

 時間も遅いせいか、上の第2駐車場に入れることができました。ここから旅館や土産店が並ぶ参道を上がってケーブルカーの駅に向かいます。8月18、19日の両日は大山絵灯ろう祭が行われていて、あちらこちらに灯ろうが飾られていました。夕暮れ時には火がともされて夕涼みには良さそうです。

P1050356 大山観光電鉄(小田急GP) P1050365 阿夫利神社下社

 ケーブルカーで下社へ上がって阿夫利神社下社に参詣します。下界の残暑に比べて、標高700m、大木に囲まれた下社は意外と涼しく快適でした。本殿の前からは東側の眺望が素晴らしく、湘南の海岸線と三浦半島が望めました。本殿に参拝の後、本殿下の冷たい御神水をいただきます。汗だくの天然児は次々と柄杓を飲み干していました。

P1050368 御神水 P1050372 湘南の海岸線 P1050370 ?勘違い野郎

 本殿左手の大山登山口からは、次々とハイカーが下山してきます。暑い中ご苦労様でした。天然児はそんな山装の人たちを見て警戒を強めていました。営業上手な境内の茶店で一服すると、サッサと駅に急いでいました。

P1050375 先帰りますね。

« 山行 水もしたたる女子2人? 尊仏ノ土平その3 | トップページ | 駿府海岸線ドライブ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/46871583

この記事へのトラックバック一覧です: 天然児の雨乞い参詣:

« 山行 水もしたたる女子2人? 尊仏ノ土平その3 | トップページ | 駿府海岸線ドライブ »