« 第27回自衛隊観艦式 その3 | トップページ | 山海転換!走水のブランドアジ »

2012年10月29日 (月)

第27回自衛隊観艦式 その4

 観艦式も大詰めになり、残すところ航空機による訓練展示となります。4発のプロペラ音を響かせて対潜哨戒機P-3Cが飛来して、対潜爆弾を投下。艦隊の周辺に水柱が上がります。大いに魚たちを驚かせたことでしょうけど、見方によっては第2次大戦時の北海で船団を攻撃するフォッケウルフFw200攻撃機の様にも見えて、臨場感満点です。続けて飛来したP-3Cは花火のようなIRフレアを投下していきます。ちなみにIRフレアとは、先述のIRデコイと同様、対赤外線誘導弾の照準を狂わせる赤外線を放出する防御兵器です。

P1060600 対潜爆弾の投下シーン P1060604 US-1がゆっくりと飛来

 P3-Cに続いて艦隊後方から水面スレスレでゆっくりと登場したのが、救難飛行艇US-1、US-2です。これまたプロペラ4発の機体で、艦隊付近の水面に着水、さらに離水していきました。飛行機は「そんなにゆっくり飛んでも失速しないんだなぁ」と関心するほど、ゆっくりとした飛行を見せてくれました。

P1060606 紀元2600年の九七式飛行艇みたい P1060609 潜航艇を背負った潜水艦救難艦「ちはや」

 さて、この観艦式には外国からの招致した艦船が3隻随伴しております。先頭はオーストラリアのフリゲート「シドニー」です。全長138m、排水量4,200t。速力30ノット。76ミリ多用途速射砲×1、対艦、対空ミサイル発射機×1、20ミリ対空機関砲×1、三連装魚雷発射管×2、ヘリコプター2機と、性能的には乗艦「たかなみ」と拮抗しています。

P1060559 豪フリゲート「シドニー」 英巡洋艦のような優美な姿

 続いては、シンガポールの揚陸艦パーシステンス。詳細はよく分からないのですが、排水量8,500tは輸送艦「くにさき」に匹敵します。国土の小さいシンガポールがこのような大型艦を有していたのは驚きでした。

P1060562 米ミサイル巡洋艦「シャイロー」 こちらは武骨な勇姿

 最後は米海軍ミサイル巡洋艦シャイローです。全長173m、排水量9,600tはイージス艦「あたご」よりもひと回り大きく、この巨体を8万馬力の機関により最高32ノットで航行が可能です。武装は5インチ砲×2、ミサイル発射機×2、対艦ミサイル発射機×2、20ミリ対空機関砲×2、三連装魚雷発射管×2、ヘリコプター2機等を装備していますが、ミサイル発射機からはあのトマホークを発射可能で、湾岸戦争、イラク戦争では数十発のトマホークを発射している実戦経験があります。

P1060621 ラッパの演奏 P1060619 ハロウィン仮装に天然児も興奮

 観艦式が終わって帰港の途につく艦上では、海軍ラッパのお披露目があったり、ハロウィンにちなんだ仮装をした自衛官が登場したりとサービスたっぷりです。天然児は観艦式以上に大喜びでした。

« 第27回自衛隊観艦式 その3 | トップページ | 山海転換!走水のブランドアジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/47640627

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回自衛隊観艦式 その4:

« 第27回自衛隊観艦式 その3 | トップページ | 山海転換!走水のブランドアジ »