« 美林を走る鉄道遺産 木曽に遊ぶその2 | トップページ | おやき頬張るぶらり奈良井宿 木曽に遊ぶその4 »

2012年10月18日 (木)

雲間に浮かぶ紅葉美 木曽に遊ぶその3

 木曽から一旦伊那に戻って、駒ヶ根高原早太郎温泉に投宿します。早太郎の名はこの付近の古刹光前寺に伝わる霊犬早太郎の老猿退治(人身御供伝説)に由来しています。

 翌10月7日(日)は、一足早い紅葉見物に中央アルプス千畳敷カールに向かう予定ですが、連休の中日で陽が昇ってからの出発だとロープウェーは2~3時間待ちになるとのこと。旅館組合が早出のバスを出してくれるとのことですが、4時起きは驚きです。迷った挙句利用することにしました。

 翌朝は4時起床。4時半にフロントで朝食代わりのおにぎりを受け取ってバス待ちをします。夜明け前の早朝にもかかわらず、老若男女40名ほどが並んでいます。4時44分の定刻どおりにバスが到着すると、補助席まで満員となって出発します。早太郎温泉のある菅の台から先はマイカー規制されています。菅の台バスセンターではマイカー組が行列を作っていましたが、バスは満員なので通過しました。

 通常ならば大田切川の渓谷を見ながら、バスはゆっくりとロープウェーの駅であるしらび平に向かいますが、今回は真っ暗の中を進みます。終点のしらび平でようやく夜明けとなります。1番のロープウェーに乗れるかと思いきや、タクシーで先行した人たちが既に行列を作っていたので、2番のロープウェーとなりました。

P1060189 紅葉は見頃のようだ P1060197 眼下に滝を見下ろす

 駒ヶ岳ロープウェーは、標高1661mのしらび平から2611mの千畳敷まで、標高差950mをたったの7分半で上がっていきます。眼下には目もくらむ渓谷美と断崖絶壁に生える赤や黄色の紅葉が見れて、千畳敷での期待が膨らみます。

P1060186 千畳敷は雲の中

 6時前に千畳敷駅に到着しましたが、山上は雲に覆われていたので、千畳敷の駅で雲が晴れるのを待つことになりました。次々と上がってくるロープウェーからは登山者や観光客が降り立ちますが、そのほとんどが我々同様に足止めとなって、千畳敷駅の密度は濃くなる一方です。7時を過ぎるとロープウェーで下っていく諦め組の姿も出始めました。

P1060156 晴れることを期待して P1060161 八丁坂の下

 待つこと2時間、心なしか明るくなってきたので、意を決して出発しました。千畳敷のカール内1周40分ほどの周遊コースを歩きます。石が敷きつめられた登山道を15分ほど歩くと、駒ヶ岳方面に向かう八丁坂の分岐点。ほとんどの登山者は八丁坂の九十九折を登っていきます。我々少数派はカール下の剣ヶ池方面になだらかな坂を下っていきます。

P1060163 P1060164 晴れてきそうだ♪ P1060165 宝剣の岩峰が浮かぶ

 ふと、太陽が雲を透して見えたかと思うと、一瞬雲が切れて宝剣岳の尖塔が浮かび上がりました。しめた!晴れてきそうだ。雲が晴れてくると、カール内の見事な紅葉が見えてきました。諦めずねばった甲斐があったというものです。

P1060167 待った甲斐がありました。 P1060173

 水の涸れた剣ヶ池の畔でしばらく晴れてくるのを待ちましたが、なかなか人間の思い通りにならないのが天候というものです。再び冷たい風とともに雲がかかってきてしまいました。おそらく午前中いっぱいはこんな感じで晴れたり曇ったりすることでしょう。これ以上の好転は期待できなさそうなので、千畳敷を後にしました。

P1060171 山上から一刻も早く立ち去りたい人

 ロープウェー下のしらび平はロープウェー待ちの人であふれています。数時間待ちなのでしょうか?思い思いの場所を選んで腰を下ろしたり寝ている人も結構います。早出の選択は正解だったようです。

« 美林を走る鉄道遺産 木曽に遊ぶその2 | トップページ | おやき頬張るぶらり奈良井宿 木曽に遊ぶその4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/47480482

この記事へのトラックバック一覧です: 雲間に浮かぶ紅葉美 木曽に遊ぶその3:

« 美林を走る鉄道遺産 木曽に遊ぶその2 | トップページ | おやき頬張るぶらり奈良井宿 木曽に遊ぶその4 »