« 相模湾はサバ見湾? | トップページ | 快晴の足柄平野 »

2012年11月26日 (月)

シメサバに舌鼓

 釣れたお魚たちはババの思惑通り近隣に配られて、手元には僅かなアジサバが残された。細サバは味噌煮か塩焼きになるのだが、今回はデップリメタボ君を残してシメサバにすることにした。3枚におろしたサバの身をベタ塩にして冷蔵庫で3時間。水分を飛ばしてお酢で1時間ほどしめる。そうすると適度に生が残った半生のお刺身が出来上がり。

121125_185302 シ~メサバ、サッバ、サバ~♪

 夕食の膳に出してみると、脂がのってトロリとしたサバは結構いけます。釣っているときはウンザリさせられるサバではあるが、味は最高である。最近はトロサバなどと呼ばれて東京湾では専門船も出ているほどだ。

 今回はゴマサバ。ゴマサバの旬は夏場といわれるが、この時季でもとっても美味しい。と、思うと、サバってとっても美味しい魚なんだなぁ・・・と再認識させられた。

« 相模湾はサバ見湾? | トップページ | 快晴の足柄平野 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>シ~メサバ、サッバ、サバ~♪
♪血液、ガッタ、ガタ~

血が騒ぐ~。

今気づいたw

東京湾でマサバが釣りたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/47989370

この記事へのトラックバック一覧です: シメサバに舌鼓:

« 相模湾はサバ見湾? | トップページ | 快晴の足柄平野 »