« イルカショーの外野席 | トップページ | 不思議な富士山雲 »

2012年11月12日 (月)

山行 天高く天然児歩む秋 箱根・丸岳

 11月4日(日)は晴天に恵まれて絶好の行楽日和でした。こんな日は朝から天然児を連れて東名高速を西へ向かいます。大井松田ICからは正面に富士山が見えてきますが、近づくにつれて大きくなって、御殿場では裾野までくっきりと見えています。

P1060746 大井松田ICからの富士

 東名を西に向かうとなると、天然児の脳裏には沼津湾辺りの水族館がよぎったことでしょう。しかし、我が軍馬は足柄SA付近で左へ車線変更。御殿場ICで下りてしまいました。こうなると気が気ではない天然児です。左は山中湖・甲州方面、右は天下の険箱根の山です。どちらも彼にとっては良い思いではありません。

P1060750 湖尻水門から丸岳(右奥)を見上げる。 P1060751 湖尻水門

 ああ無情、軍馬はエンジンの音高らかに乙女峠を越え、ススキの穂が広がる箱根仙石原にやってきました。ビジターセンターに駐車して湖尻方面に歩きだします。芦ノ湖の北端に位置する湖尻水門。ここから早川が流れ出ていますが、水の動きはありません。当初、ここから外輪山に直登するつもりでしたが、正面に迫る山に天然児が抵抗の姿勢を見せたので、右折して早川沿いに遊歩道を進むことにしました。

P1060769 後ろ髪引かれる天然児 

 ゴルフ場の縁を40分ほど迂回すると長尾峠の登山口に至ります。この高低差のないのんびりとした遊歩道にまつわる、忌まわしい記憶があります。今から四半世紀前、雪積もる春先に県立芦ノ湖キャンプ場でボーイスカウトのキャンプがあり、プログラムでポイントハイキングが行われました。どうやら目標が長尾峠に設定されているのを解読しましたが、膝上までの雪道をのた打ち回る姿はさながら八甲田山の青森第五連隊。班長だった私は、さすがに危険を感じて独断で撤退を決断。キャンプ場に辿り着いたときは全身ずぶ濡れで手足の先は感覚を失っていました。

P1060775 長尾隧道は噂の現場 P1060772_2 こういう「テケテケ」もいるんだよ~

 天然児をうまくはぐらかして登山道に誘い込み、なだらかな登りを小1時間歩くと車道に出ます。ここが車道の長尾峠で、眼下には仙石原や芦ノ湖が見渡せる展望スポットです。また、外輪山の内側(神奈川県側)を走ってきた道路は、この長尾峠で長尾隧道に入り、外輪山の外側(静岡県側)に抜けていきます。この長尾隧道は人面犬やテケテケ、首なしライダーが出没するという心霊スポットとしてマニアの間では有名なトンネルなのです。

P1060806 スカイラインを行く天然児 P1060809 箱根の展望が斎藤!・・・最高!

 トンネル脇を登るとすぐに外輪山の登山道にぶつかります。ここを右折して外輪山の1ピークである丸岳を目指すことにしました。芦ノ湖の西側、外輪山の稜線を芦ノ湖スカイラインが通じていますが、長尾峠から北はこの登山道が引き継ぎます。背の低いハコネタケの稜線は右手に仙石原、芦ノ湖を見下ろし、中央火口丘である神山、噴煙を上げる大涌谷と対面し、外輪山コースの先を辿れば電波塔が立つ丸岳、金時山、明神ヶ岳が見渡せる素晴らしいロケーションです。

P1060804 気取らない秋の花々 P1060813 

 外輪山稜線のルートはなだらかで、天然児が手を繋がないで単独で歩けるとてもありがたい道です。中高年グループ、山ガール組、カップリング、トレイルランナーと多種多様なハイカー不が尾根道を渡ってきます。日当りもよく暖かな陽だまりには、リンドウや野菊などの秋の花々が飾っていましたが、天然児にはそれを愛でる余裕などありません。大きく離されても1歩1歩後からついてくる天然児の姿。たまに座り込んでは石を投げたり雑草を摘んでいますが、マイペースでついてくる姿はなんとも愛らしいではありませんか。

P1060822 マイペースな天然児 P1060823 丸岳山頂

 ガイドのコースタイムより大幅に遅れるも電波塔建つ丸岳(1156m)に到達。ここで昼食をとることにしました。疲れて食が喉を通らない天然児ですが、最近は流動食であるゼリーを持参しているので栄養補給はOKです。

P1060838 乙女峠付近の紅葉 P1060846

 さて、丸岳からさらに北に歩いて乙女峠に向かいます。なだらかな下りは広葉樹の樹林となって展望が限られますが、代わりに紅葉が楽しめ、枝葉の間からは富士山や金時山がのぞいています。

P1060865 乙女峠からの富士 P1060850 頭上にはコゲラがコツコツ

 乙女峠は山梨県の御坂峠、静岡県の薩埵峠と並んで富士見三峠にエントリーしている富士山の好展望地で、金時山の登山口でもあるため多くのハイカーで賑わっています。何ともなまめかしい名前の峠ですが、江戸時代に関が設けられたため「御留峠」と呼ばれ、後世に乙女と改められたとのことです。

P1060867 お疲れ様でした。

 乙女峠から石がゴロゴロした道をさらに下って、御殿場ICから箱根に通じるR138の乙女峠に到着しました。ここからバスで仙石原方面に車を取りに戻ります。

☆メンツ:天然児、自分

★コースタイム:4時間45分

ビジターセンター9:55→10:10早川水門→10:50長尾峠登山口→11:40長尾峠(小休止)11:45→

12:50丸岳(昼食)13:10→13:55乙女峠(小休止)14:00→14:40乙女峠登山口

Photo

« イルカショーの外野席 | トップページ | 不思議な富士山雲 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/47804177

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 天高く天然児歩む秋 箱根・丸岳:

« イルカショーの外野席 | トップページ | 不思議な富士山雲 »