« 山行 初日と子煩悩な富士の姿 ご来光登山その2 | トップページ | 初山の次は初海へ »

2013年1月 5日 (土)

山行 古道を歩いて精進湖へ ご来光登山その3

 三方分山の山頂からは、懐に大室山を抱いた「子抱き富士」が正面に見えていました。「三方分」という山名の由来となった三筋の尾根は、我々が歩いてきた本栖湖方面に延びる尾根、北の甲府盆地方面に延びる尾根、富士五湖と平行して東の御坂山塊に延びる尾根となります。車を本栖湖畔に置いてきているため戻らなければならないのですが、一旦精進湖に下りて青木ヶ原樹海を歩いて戻ることにしました。

P1070207 子抱き富士 P1070211 陽だまりの尾根道

 東の尾根は所々急ではあるものの概ね歩き易いルートです。この季節、何といってもありがたいのは南からの日当りです。歩いているとほとんど寒さを感じない状況でした。山頂付近のカラマツはいつの間にかブナ林に変わっていましたが、その向こうに見えている王岳の姿が何とも凛々しく感じられます。

P1070212 正面に王岳の雄姿 P1070218 女坂峠で古道にぶつかる。

 尾根道を30分ほど下っていくと、道幅のある峠道の切通しにぶつかりました。この十字路は女坂峠と呼ばれる場所で、道端には道祖神や石碑がいくつか並んでいますので、昔の街道だということがうかがえました。本栖方面から甲斐へ物資を運んだり、甲斐の軍勢が駿河方面に出兵する際に利用した街道のようです。本栖湖方面には本栖城か置かれ、また、この峠の北には古関という地名があることから、重要な街道であったことでしょう。

 このまま尾根道を直進すれば御坂山塊の縦走路ですが、街道を精進湖方面に下ります。今となっては、この峠の真下に精進湖と甲府を結ぶR358の精進湖トンネルが通っていますが、この峠道は近代まで利用されていたことでしょう。その証拠に側壁や路肩に石垣や補修された痕跡がしっかり残っているのです。

P1070221 古道を下ると精進湖が P1070223 萱葺きの古民家

 精進湖に向かって流れる渓流に沿って下ると、間もなく舗装路となって集落に入りました。萱葺きの古民家が残る集落は、その昔は宿場町であったことをうかがわせます。集落の中には諏訪神社の分社があり、この境内には「精進の大杉」と呼ばれる見事な大木がそびえ立っています。根元のほうは昭和41年の台風でこの地を襲った土石流のため埋まってしまい、正確な樹齢を調べることができないそうです。そういえば、この近くの西湖根場地区も昭和41年の台風で山津波が発生して、集落が壊滅したという悲惨な歴史に出会ったことがありました。きっとそのときの台風は富士五湖周辺に多大な被害をもたらしたことでしょう。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-97f6.html

P1070226 精進の大杉 P1070228 P1070231 三方分山を振り返る。

 精進湖の湖畔をR358沿いに歩いて、R139とぶつかる赤池の交差点を目指します。正面には白く輝く芙蓉峰、右手の精進湖は部分的に結氷していて、ボートでワカサギ釣りをしている姿が見られました。こういう初釣りもあるんだね~♪おせちも良いけどカレーもね。そしてワカサギのフライは最高ですよ。精進湖の対岸には朝からあるいた山々が並んでいます。

P1070232 対岸の峰を歩きました。 P1070234 交通量が多い赤池交差点

 赤池交差点を右折してR139沿いに本栖湖方面に歩きます。国道は交通量が多く、側道を歩いていると、今まで静かな山を歩いてきただけに、かなり不快感を感じます。精進湖ペンション村からは国道と分かれて、青木ヶ原樹海の中を通る東海自然歩道を歩くことになります。とはいえ、国道と平行している自然歩道。エンジン音には終始つきまとわれましたが・・・

P1070236 樹海の中を歩く P1070242 本栖城址

 本栖城が置かれていた尾根の迫り出しを回り込んで国道の下をくぐると、しばらくは道路と離れて静かな歩きを楽しむことができました。樹海から出て本栖みちを歩くと、間もなく湖畔の駐車場に戻りました。湖畔は日の出前の喧騒が嘘のように静まり返っていました。帰って餅でも食べるとしましょう。

☆メンツ:弟、自分

★コースタイム:5時間(休憩含)

本栖湖畔P6:40→6:45パノラマ台登山口→7:20烏帽子岳7:30→7:50パノラマ台7:55→8:05根子峠→8:30精進峠

→9:05三方分山9:10→9:30女坂峠→10:05精進湖畔→10:30赤池交差点→10:45自然歩道入口→11:10本栖城址入口

→11:40本栖湖畔P

Photo

« 山行 初日と子煩悩な富士の姿 ご来光登山その2 | トップページ | 初山の次は初海へ »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行 古道を歩いて精進湖へ ご来光登山その3:

« 山行 初日と子煩悩な富士の姿 ご来光登山その2 | トップページ | 初山の次は初海へ »