« 数奇な人生の宮さんがいたものだ。 | トップページ | 山行 奥多摩へ第一歩 雲取山その1 »

2013年1月14日 (月)

おらが町が全国ネット

 年明け後、一番早い菜の花の名所として、NHK他TV、各新聞紙面、先日はYahooのトップでも掲載されていたのが、おらが町二宮の名所、吾妻山山頂の菜の花です。この時期だけは日本一の観光名所ですよcatface

P1070572 日の出をバックに遊漁船は瀬の海へ

 吾妻山の菜の花はこの3連休に満開を迎えました。日中は人出が見込まれるため、早起きして散歩がてら見にいってきました。7時前、折から東の空から日が昇って、相模湾を遊漁船が一斉に二宮沖を目指していました。二宮沖は急深な海底の相模湾の中にポッコリ瀬が上がっていて「瀬の海」などと呼称されています。そこに魚が居つくため好漁場となっていて、中でも居つきのアジは有名です。fish

P1070573 展望台からの丹沢

 山頂の展望台から丹沢を見渡します。1年いつ来ても素晴らしき展望。大山、塔ノ岳、檜洞丸。そういえば!年末年始はどこにも登らなかったぞ。どの山も積雪はありませんが、望遠鏡を覗いてみると塔ノ岳や檜洞丸の山頂付近は樹木が霧氷で白く化粧しておりました。upwardlefteye

P1070569 菜の花と子抱き富士

 さて、南西面にはお目当ての菜の花が咲いています。バックには箱根連山、そして芙蓉峰。朝早くから、朝日に照らされ朱をさした芙蓉峰を背景にして、多くのカメラマンが菜の花畑をカメラに収めていました。cameradiamond

 また、芙蓉峰の手前に矢倉岳という足柄の低山がありますが、このお椀を伏せたような独特の形が背後の芙蓉峰とマッチした子抱き富士に見えます。元日に反対方面の三方分山から見た子抱き富士に次ぐ第2弾。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-a987.htmlしばらくはこのテーマをお届けしたいと思っている山笑です。fuji

« 数奇な人生の宮さんがいたものだ。 | トップページ | 山行 奥多摩へ第一歩 雲取山その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/48741817

この記事へのトラックバック一覧です: おらが町が全国ネット:

« 数奇な人生の宮さんがいたものだ。 | トップページ | 山行 奥多摩へ第一歩 雲取山その1 »