« 山行 古道を歩いて精進湖へ ご来光登山その3 | トップページ | シロピーちゃんの寝床 »

2013年1月 8日 (火)

初山の次は初海へ

 1月6日(日)、前日(5日)に釣り仲間に初釣り(アマダイ)を誘われたのですが、都合が悪くて行けなかったので、1日遅れた初釣りに行きました。釣目は平塚庄治郎丸のLT(ライトタックル)五目です。新年初なので赤いお魚(できれば「タイ」がつくもの)釣りたいなぁ・・・

 混んでいたら行かないつもりだったので、予約もせずに当日朝におっかなびっくり船宿に電話をしてみると、LT五目船はガラガラとのこと。この時季はアマダイが1番人気で、次がヤリイカでしょうか?アオリイカもやっているし、マダイも手堅い人気があります。平塚のLT五目は、五目といえどもアジを中心に狙う釣りなので、アジが深場に落ちるこの季節はどうしてもLT五目の人気は下がることでしょう。庄治郎丸では主力船をアマダイやイカに回して、同じ船を平日にビシアジ船、休日にLT五目船として運用しているようです。

130106_065940 美しい芙蓉峰 130106_070034 ライジングサン

 午前7時に自分を含めたたった3人で出船。久々の大名釣りとなりました。右舷のトモに1人、左舷のミヨシに1人、そして私は右舷のミヨシです。港を出ると船は西に向かいます。背後の東の空が朱に染まってちょうど日の出となりました。正面には裾野まで白く化粧をした芙蓉峰が、朱く染まってこれまた素晴らしい姿を見せてくれます。丹沢、箱根、天城全て一望。この日は寒さも多少和らいで、海でも山でもレジャーには最高の日となったようです。

 先ずは平塚西海岸沖、東大の海洋観測所の近くで開始となります。水深は30m弱でタナは底から5m。根掛りを注意するよう船頭さんからアナウンスがありましたので、海底は岩礁帯となっているようです。指示ダナの少し低い位置からコマセを振り出してタナにセットします。早々に背中合わせの中乗りさん(?)が15~20cmほどの小アジを揚げ始めました。続いてトモの方もアジやらイシダイが釣れ始めました。スロースタートとなった私は少し焦り気味です。

130106_085103 アジは小型だが・・・ 130106_084435 イシダイ獲ったどぉ~

 やがてポツポツとアジがかかり始めましたが、何れも小型ばかりです。やはりこの時季のライトは厳しいのかなぁ・・・しばらくして大磯沖に移動し、先ほどより少し深めの岩礁帯を探ります。竿をシャクリ上げて誘いをかけていると、突然ゴツン!と物凄い引き込みがありました。明らかにアジとは違います。引きを受け流しながら巻き上げてくると、水面に大きめのイシダイが躍り上がりました。船頭さんがすかさずタモを打ってくれました。

130106_084419 ちょっとグロちゃんですが、これがイラです。 130106_093027 大きいのがつれました♪

 このポイントではトモの人も大きいイシダイを釣り上げていましたので、なかなか魚影が濃いようです。やはり根回り狙いなので、たまに根掛りして冷やりとさせられる場面もありましたが。イシダイを釣り上げて間もなく、先ほどよりも更に大きい当たりがありました。またイシダイかな♪とワクワクさんになって巻き上げると、今度は上の方で抵抗が弱まります。やがて水面に赤いお魚が閃きました。マダイかな?と思いきやイラ(テンス)というコブダイというか、ベラの親分のような魚が上がりました。サイズはイシダイを上回っています。イラはマイナーな魚ですが、五目では立派な本命です。調べてみると、食べても美味しいようで沖縄では「マクブ」と呼ばれて三大高級魚に指定されている魚のようです。

130106_085944 東に烏帽子と江ノ島のポイント 130106_171851 真ん中がヘダイ

 9時を過ぎた頃、船は西から東へ転舵して茅ヶ崎の柳島沖にやってきました。今までこの辺りで糸を垂れたことがなかったので、ここで何がつれるのかと思っていると、少し上の方のタナで強めの反応がありました。当たりはあれども針掛りがしません。何だ、何だ?と首をかしげていると、後の中乗りさんが20cmほどのクロダイのような黒っぽい鯛を釣り上げています。「タナに合わせて少し待ってみな」と言われて、そのようにしていると、コンコンコン!と小気味の良い当たりがきました。調べてみると、この鯛はヘダイというそうで、今まで余り釣れたことがなかったのですが、暮れになって顔を出し始めた魚だそうです。

 さて、お昼前に再び大磯港前に西進してアジを狙います。やはり小型のアジばかりなのですが、黄色い通称「黄アジ」が連続で釣れてきました。この黄アジは小さくても美味しく、タタキ、フライにしたら最高ですね。ここでドカンと1発あって、水面に今までにない大型のアジが上がってきたのですが、何と、このアジは天秤の片腕を引きちぎって逃げていきました。子分たちが次々とさらわれていくのを見かねて敵討ちに来たのかもしれません。してやられました。(イシダイ、イラと釣り上げて、根掛りを何度か引っこ抜いているうちに傷んでいたのかもしれません。)

130106_172122 始め良ければ全て良し?!

 14時前に納竿となりましたが、大きいイラ、イシダイの他にヘダイ×7、カワハギ×2、アジ×36、サバ×2、その他アイゴ、サクラダイ、ササノハベラ、シコイワシまで、五目狙いが十目達成の釣り初めとしてはまずまずの釣果でした。

« 山行 古道を歩いて精進湖へ ご来光登山その3 | トップページ | シロピーちゃんの寝床 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

初釣りはかなり釣れたようですね。

庄治郎のHPにあった写真をアップすればよかったのに・・・。(笑)

相方の肖像権に障りますから(笑)
ビシアジにも行きたいですねぇ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/48627227

この記事へのトラックバック一覧です: 初山の次は初海へ:

« 山行 古道を歩いて精進湖へ ご来光登山その3 | トップページ | シロピーちゃんの寝床 »