« 外の世界 | トップページ | イルカもイカもなく・・・ »

2013年2月14日 (木)

アジの祝日

 2月11日は2673年の紀元節である。この祝いの日にアジ釣りに出かけた。厳冬期にもかかわらず、ここ数日は安定した釣果が記録されているだけに期待は高まる。朝日を背に受けながら、船はお約束の二宮沖へ向かう。

130211_071745 朝だ夜明けだ潮の息吹

 最近はライトタックルの釣行が多い中、アンドンビシ130号を使用した深場のアジ釣りは釣り歴の原点でもあり、初心に帰る釣りである。ポイントは水深90mでタナは底から5m。潮がやや早いので、1度合わせたタナを取り直して待つ・・・しかし当たりはない。何度か繰り返しても反応は無く、小型の沖メバルが数匹あがったのみである。

130211_073631 二宮沖は凪模様

 反応が鈍いので、船頭はポイントを小まめに変えていく。吾妻山が左手から右手に。離れたり近づいたり。水深は徐々に深くなって160mまで探ったが・・・当たりはほとんど無い。1時間に1尾のペースで大きいアジが釣れたが、日が天頂に昇る頃はポカポカ陽気と朝からの疲れで眠くなってしまった。いつものアジ釣りは忙しくなるので、こんなことはないのだが。それにしても心地よい。

130211_124028 青い空を見上げてお昼寝

 結局、アジ5、沖メバル3、カサゴ1という渋々な結果で轟沈した。それでも船中では竿頭である(笑)。改めて自然を相手にする難しさと、初心を実感した釣行であった。後で調べてみると、この日はどの船宿のHPにも苦戦が記録されていた。国民の祝日はアジにとっても休日であった。

« 外の世界 | トップページ | イルカもイカもなく・・・ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

同じ日に釣りに行った仲間に聞いたらボウズだったって。
竿頭はアジ1匹。(爆)

それと比べると君はセンスあるよw

いったいこの日は何だったんでしょうね。
アジだってオメオメ釣られるばかりじゃないってことですね。
いやいや、自然は大きい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/49411993

この記事へのトラックバック一覧です: アジの祝日:

« 外の世界 | トップページ | イルカもイカもなく・・・ »