« SL震災復興応援号 つくばの旅その3 | トップページ | サクラダイジェスト »

2013年3月30日 (土)

春アジを釣る

 前回、アジ釣りでの惨敗(http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/cat42830252/index.html)以降、釣行を控えて悶々とした日々を送っていたが、釣り仲間が平日釣行でなかなかの釣果を上げたと聞いては黙ってはいられない。彼岸の中日に一騎駆けのリベンジ釣行に出た。

 春の海を眺めていると陽光がキラキラと反射して暖かそうであるが、水の中はさにあらず。真冬の外気に冷やされて、1年で1番水温が低下する時季である。当然、魚たちは水温の安定する深場に落ちてしまう。しかし、それだけ群れが深場に固まるので、しっかりタナ取りができれば数釣りのチャンスでもある。

 相模湾二宮沖のアジ釣りも、この時季は100m以上の深いポイントを狙うのが定番である。ポイントは東は江ノ島から西は小田原まで、多くの遊魚船が集まってアジ釣り船団を形成していた。前日まで大荒れだった海上は朝から凪いで鏡のような穏やかな水面である。釣り始めると2、3回目の落し込みから反応が出た。

130320_091205 アジ釣り船団

 当たりは明確なのは魚が大きいからか。当たりがあって一息入れてから竿をゆっくりとあおって、電動巻上げは慌てず中速で。引き込みが大きいので、置き竿よりは手でもってやり取りを感じつつ巻き上げる。最初に顔を見るまでは動作の一つ一つはいたって慎重である。

 やがて水面に良型アジの銀鱗がひらめいた。しかし、水面からの抜き上げがこの釣りで一番テクニカルなところである。何度も言ってきたが、アジは口が弱いので水面から抜き上げて重力がかかる数秒が口切れしてばれやすい。船縁から身を乗り出してフワリと取り込むのがコツである。この日のアジにはその心配は杞憂であったようで、釣れ上がった30cmほどの良型アジは、何れも上顎にしっかり針掛りしていた。タナ合わせも上達したかな♪

130320_110301 幅広だろぉ~♪

 船の中にはアンカーを下ろして定位置をキープする船も多く、中には2隻が繋ぎ合わせて好ポイントをキープしている船もあるのだが、庄治郎丸の船頭は少し食いが渋ってくると小まめにポイントを変えていく。多少個人差もあるので、もう少しここでやっていたかったのに・・・と思うこともある。それにしても密集する船団の船と船の間に船を入れるのもテクニカルな操船である。

 序盤戦は30cm以上の大型が多く、その後は25cmくらいの中アジになったが、幅広の黄アジは美味しそうである。朝の予報どおり、お昼頃から南風が吹いてきて、朝の凪が嘘のように揺られる。前日、終電の仕事帰りで、寝不足が祟ったかほろ酔い加減になってきた。もう充分釣ったので早上がりして欲しくなった。

 少し早めの14時に納竿。クーラーはアジで満たされた。数を数えるのも面倒なので、船宿への報告は50くらいとしたが、船宿HPの釣果報告では53と自然数?で報じられた。蓋を開けてみればアジは49で、それに細サバが数匹交じっていた。

130320_154402 クーラーから溢れんばかり

 手返しとほろ酔いでヘトヘトになって帰宅したがこれで終わりではない。かみとの協定で、釣りに行ったら釣れても釣れなくても夕飯の仕度をすることになっている。大袈裟だが大アジはブリのように肉厚のお刺身になった。中アジをタタキにしてアツアツご飯に乗せ、それに卵黄を落としたアジユッケ。更にはつみれ団子と野菜を入れたあら汁。アジ定食にかみも子等も喜んでくれた。

130320_180056 どうぞ召し上がれ

 夕飯を食べたらアジを配りにもう一仕事である。釣りは1日がかりの大仕事であるが、仕事疲れと違って大いにやりがいがある。根っからの遊び人海笑でした。

« SL震災復興応援号 つくばの旅その3 | トップページ | サクラダイジェスト »

釣り」カテゴリの記事

コメント

アジユッケとは憎いねw

ホント、食べ応えのある幅広のアジで殿は満足、姫は・・・?(謎爆)

うちは殿はいても姫はいませんよ。
尼将軍みたいなのはいるけど。

かの太閤秀吉や家康も陥とせなかった某城は
今もあるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/51014943

この記事へのトラックバック一覧です: 春アジを釣る:

« SL震災復興応援号 つくばの旅その3 | トップページ | サクラダイジェスト »