« 長男と渋谷でお買い物 | トップページ | 山行 ズルズルツルツル 鍋割山 »

2013年3月10日 (日)

山行 地元を歩く喜びと驚き 大磯・鷹取山

 3月3日(日)は亡き父の命日。父の親友と共に墓参りをして、その後故人を偲ぶ会食をした。懐かしい話の中には山の話題が多く、私の山好きは父譲りであることを改めて実感する。

P1070963 麓から見上げる鷹取山

 帰宅後、腹ごなしに大磯の鷹取山まで散歩に出かけることにした。麓の月京、生沢地区は自分の生まれ育った場所だけに、訪れるたび懐かしさが込み上げてくるだが、懐かしの学び舎はすっかり姿を変え、農地が宅地に変わるなど、その変貌に驚かされる。変わらないのは毎日見上げて慣れ親しんだ鷹取山だけであろうか。

P1070964 枯れ蓮に覆われた池 P1070972 山頂付近は明るくなった?

 枯れた蓮に覆われた東の池から、「関東ふれあいの道」を歩いて正面から山頂を目指す。落ち葉が敷きつめられた道を30分歩くと山頂の鷹取神社に到着。山頂付近は照葉樹の大木に覆われて鬱そうとしていたのだが、近年倒木が多く南面は平塚市街や湘南平が望めるようになっていた。

P1070987 道路を横断する動物の足跡 P1070986 農地の罠

 復路は裏からゴルフ場の脇をあるいて黒岩集落を目指した。山中の農地には野生の動物が出没するらしく、イノシシ捕獲用の檻が設置されていた。集落外れの民家で飼われている犬はやたらギャンスカ吠えまくってうるさくてかなわないが、集落に侵入する者に対する番犬を見事果たしている。

P1070989 あれま、タヌキだよ。

 しかし、犬の矛先は私にではなく、私の先を歩いてる猫に向けられているようであった・・・あれ?!よくよく見れば、先をあるいているのは猫ではなくタヌキである。警戒心の強いタヌキが白昼堂々と集落内を闊歩するとは意外であった。野生動物も気の許せるのんびりとした集落なのであろう。嬉しくなった。

« 長男と渋谷でお買い物 | トップページ | 山行 ズルズルツルツル 鍋割山 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

1た5たにたちたびたしたあたじたつたりたいたくたぞた~た!た!

ヒント:タヌキ

大漁ヲ祈念ス!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/50682846

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 地元を歩く喜びと驚き 大磯・鷹取山:

« 長男と渋谷でお買い物 | トップページ | 山行 ズルズルツルツル 鍋割山 »