« GW5日目 | トップページ | GWはレジャーな釣りを楽しもう »

2013年5月 6日 (月)

山行 新緑も若い衆もまぶしいね♪ 鍋割山稜

 GW後半戦突入。5月3日(金)は表丹沢を歩きました。本当は早起きして御正体山か御坂山塊を狙おうと思っていたのですが、目覚ましをセットしても起きられませんでした。早く寝たつもりなのですが、疲れているんでしょうかね・・・

P1080521 県民の森付近の林道 P1080518 二俣付近 P1080519

 7時少し前に表丹沢県民の森にやってきましたが、駐車場には停められず林道の路肩に停車しました。準備しているうちに次から次へと後続が到着して、先行者が三三五五ゲートを通過していきます。GWの丹沢らしい賑やかさですか。私も腹ごしらえをして7時に出発。二俣経由で西山林道終点のミズヒ沢までは、沢の音と野鳥のさえずりを聞きながらの楽々林道ウォーキングです。

P1080480 水集積地 P1080483 新緑眩しい登山道 P1080515

 ミズヒ沢には鍋割山荘で使用する水の集積地があり、余裕があるハイカーはペットボトルの水を背負って登ります。GWですし、名物の鍋焼きうどんも大繁盛でしょうから、水も不足がちかと思って大き目のザックを持参してきました。焼酎大ボトル2本と2リットルペットボトルを2本。重さは10㎏余りですが、重さがズッシリ肩に伝わってきます。

 おなじみ、後沢乗越経由で鍋割山へ向かいます。新緑たっぷりの気持ちよい登山道を歩いていきます。後沢乗越を通過して間もなく、西の山並みを越えてドンドンと砲声が聞こえてきます。8時ちょうどに東富士演習場の演習が始まったのでしょう。GWも関係なしにお国の防衛に励む自衛隊員には脱帽であります。

P1080488 同角(左)と檜洞丸 P1080490 前方に小屋主の姿

 前方やや左手に同角ノ頭と檜洞丸が見えてくると山頂までは間もなくです。行く手を見上げると、先行者の縦列に交じって発泡スチロールの箱を何個も背負って歩荷する鍋割山荘の小屋主の後姿も見えました。自分も人並み以上には頑張っているつもりですが、この姿にはこれまた脱帽であります。

P1080493 鍋割山荘 P1080494 南の展望 P1080497 大室山(右手前)と御正体山

 脱帽ばかりしているうちに鍋割山(1273m)に到着しました。空気が霞んでいたので展望は今ひとつですが、山頂の草原は陽射しも暖かくゴロ寝でもしていきたい気分です。ポツリポツリとハイカーが憩っていて静かな山上ですが、これから多くのハイカーが登ってくることでしょう。

P1080495 小屋主草野さん到着

 さて、余力があるので、鍋割山稜を歩いて塔ノ岳へ向かうとしましょう。小丸、大丸と多少アップダウンを繰り返しますが、右手には眼下に秦野市街と相模湾が広がって、左手には玄倉川源流部の谷間を挟んで蛭ヶ岳や不動ノ峰の山並みを望める、何度歩いても気持ちの良いルートです。尾根道沿いの木々の中では、マメザクラが満開を迎えていて楽しませてくれました。また、ようやく新芽をのぞかせるブナの根元には、バイケイソウが青々と群生していていました。

P1080499 丹沢主脈の山々 P1080500 マメザクラが見頃 P1080506 バイケイソウ

 金冷シで大倉尾根と合流すると、上り下りのハイカーの多さに驚かされます。単独行も多いですが、それ以上に分隊規模のグループで登っているハイカーが多いようです。カラフルな山衣装に身を包んだ若い衆も多く、この尾根は当に丹沢の表銀座ですね。

P1080509 塔ノ岳山頂

 鍋割山から約1時間で塔ノ岳(1491m)に到着しました。ここには100人もいたでしょうか。こんなに多くのハイカーを一度に見たのは夏の富士山か秋の高尾山以来でしょうか。大倉尾根、表尾根、そして丹沢山方面から次から次へと上がってきては出て行きます。余りにハイカーが多いせいか、塔ノ岳名物のシカも姿を見せませんでしたね。

P1080511 大倉尾根花立山荘前 P1080517 二俣付近の沢

 復路は大倉尾根を小草平(堀山の家)まで下って、そこから賑やかな大倉尾根と分かれて、独り植林帯の急な道を歩いて二俣に下り、県民の森へ戻りました。

★コースタイム:4時間45分(休憩含む)

表丹沢県民の森7:00→7:30ミズヒ沢→7:55後沢乗越→8:50鍋割山9:00→10:00塔ノ岳10:10→10:50小草平→

11:30二俣→11:45県民の森

« GW5日目 | トップページ | GWはレジャーな釣りを楽しもう »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/51491661

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 新緑も若い衆もまぶしいね♪ 鍋割山稜:

« GW5日目 | トップページ | GWはレジャーな釣りを楽しもう »