« 家で腐る親子 | トップページ | 山行 丹沢山~不動ノ峰~蛭ヶ岳 丹沢打通作戦その2 »

2013年6月23日 (日)

山行 大倉~塔ノ岳~丹沢山 丹沢打通作戦その1

 かみが帰ってきて、2週間ほど続いた兼業主夫から開放された。苦労を酌量してもらってか、久しぶりに丸1日思いっきり遊べる許可がでた。happy01いつもは行けない県外の山に登ろうと思い目標に定めたのは、甲武信ヶ岳から雁坂嶺を経て笠取山に縦走するコースだったが・・・

P1090342 大倉尾根を見上げる P1090344 紫陽花に見送られて

 6月22日(土)起床時刻は6時。見事に寝坊して、前述の計画は夢と消えてしまった。sad寝起きでもうろうとしながら大倉の駐車場に向かう。前々から「いつかはやろう」と考えていた丹沢主脈・主稜の縦走を決行することにした。秦野市大倉から山北町西丹沢自然教室までは約23kmで、ガイドのコースタイムは歩程12時間。この距離と時間を考えたとき、いつできるのか?「今でしょ!」rock夏至で日の長い今こそ、丹沢縦走を実践するのだ。「本作戦ヲ、丹沢打通作戦ト呼称ス」

P1090343 大倉登山口 P1090347 序盤戦は楽勝

 気を取り直して、7時前に大倉を出発。既にバスも回転していて、多くのハイカーが登山口に向かっている。前日までそれなりに雨が降っていたのでジトジトの登山道であるが、予想ほど酷くはない。抜いたり、抜かされたり塔ノ岳を目指す。下山してくる人もそれなりにいるが、暑い時季の低山は早朝登山が一番である。大倉尾根に年々多くなっているのがトレイルランの人たち。上りは早歩きで、下りは快走してくる。とにかく十人十色、多くのハイカーが塔ノ岳を目指している。

P1090349_2 笠雲は天候下り坂 P1090354 花立の辛い階段

 登り一遍の大倉尾根は、脚に負荷がかからないようダブルストックで臨んだ。昨年の11月に主稜縦走にチャレンジしたことがあったが、日が短い時季であったことと、脚を痛めて蛭ヶ岳から撤退したことがあった。(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-05ec.html)花立下のベンチで遅い朝食をとってから、大倉尾根の名物花立の急階段を登る。背後からの陽射しが厳しいが、黙々と登るしかない。急階段を登り切った花立山荘前からは、表尾根や相模湾、湘南地域の展望が抜群であったが、振り返ると、残念ながら富士山は雲がかかって、出たり引っ込んだりを繰り返していた。

P1090359 塔ノ岳に到着 P1090360 左から蛭ヶ岳、不動ノ峰、丹沢山

 9時過ぎに塔ノ岳(1491m)に到着。なかなか良いペースでないの?山頂から北西方向に望む、不動ノ峰、丹沢の最高峰蛭ヶ岳、臼ヶ岳、檜洞丸と、これから歩こうとしている主稜の山々を睨む。これから行くからな。待っていろや!一杯水で渇きを癒して丹沢山へ向かうとした。

P1090365 丹沢山に向かう尾根 P1090367 東に宮ヶ瀬湖 P1090368 東南に大山と江ノ島

 塔ノ岳から花の終わったツツジの道を一旦急落して、鞍部から日高の小ピークを経て、一面に笹が広がる爽快な尾根道を丹沢山目指して進む。尾根上に自生するブナ、カエデ、シナノキなどの大木からは、初夏の風物詩でもあるエゾハルゼミが賑やかだ。この尾根道からは、晴れていれば西に富士山や蛭ヶ岳以西の丹沢の山々、東には相模平野の向こうに新宿副都心のビル街とスカイツリーまで一望だが、この日はスカイツリーは「何となく」程度のものであった。南側の湘南海岸方面の展望が良い竜ヶ馬場を過ぎれば、丹沢山へはひと登りである。

P1090374 丹沢山山頂 P1090371 今日もドロンですか?

 10時過ぎに丹沢山(1567m)へ到着。西の富士山はほとんど雲に隠れている。ここへ来て無性に喉が渇く。2ℓの水と500mlのお茶を持参したのだが、甘いソフトドリンクが飲みたくなった。お子様のようでる。山頂にあるみやま山荘に寄ってみると、冷蔵庫に冷やされた500mlのペットボトルが販売されていた。お値段何と1本500円也。うーむ。下界ならば150円、スーパーでは90円もしない値段のものが山上では500円とは。荷揚げのヘリコプターや歩荷のコストを考えれば仕方ないか。ちょっと贅沢気分に浸ろうと、カルピスウォーターをガブガブいってしまった。(つづく)

★コースタイム:3時間30分(丹沢山まで)

大倉6:50→8:05堀山の家→8:25小休止(朝食)8:35→9:20塔ノ岳9:25→10:20丹沢山

« 家で腐る親子 | トップページ | 山行 丹沢山~不動ノ峰~蛭ヶ岳 丹沢打通作戦その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

今日、下の子と大山登ってきましたよ。

男坂→下社→長城→下社→女坂

9時に登って家に帰ってきたのが2時でした。
なかなか楽しかったです。

蛭の沢・・・。登ってみたいんだけど、どうやって行くのかな?

蛭の沢ぢゃなくて、蛭が岳ね。 (^-^; シツレイシマシタ

お宅が近いせいか、大山にハマッているようですね。
まあ交通アクセスも良いし、バリエーションもあって、素敵な山だと思いますよ。
ただ、人の多さが難だね。

お言葉ですが、蛭ヶ岳はまだ無理じゃないかな?
こちら側からだと、塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳と縦走しないとたどり着かないからさ。
それよりも、大山の次は塔ノ岳をお勧めします。
私が今回歩いた大倉尾根をひたすら登るのも良いけど、ヤビツ峠先の菩提峠に駐車して、二ノ塔~三ノ塔~烏尾山~行者ヶ岳~新大日~塔ノ岳の表尾根の縦走は、変化に富んでいて楽しいですよ。
でも、大山と比較したら明らかにハードだから覚悟してちょbleah

なんならガイドしましょうか?

をぉ、是非ガイドして欲しいねぇ。
いつが都合が良いかな?
金曜日なら休業日(爆)なので、ある程度都合が付きますので、
ご考慮ください。(笑)

金曜日って…今週ですか?!
そりゃ無理でしょ。
先々の金曜日なら検討の余地ありですが。

ぃゃ、今週ぢゃないですよ。(滝汗)

来週、再来週でも7月一杯の金曜日は休業日の予定です。(゜∀゜)

では、追々調整していきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/52146040

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 大倉~塔ノ岳~丹沢山 丹沢打通作戦その1:

« 家で腐る親子 | トップページ | 山行 丹沢山~不動ノ峰~蛭ヶ岳 丹沢打通作戦その2 »