« 映画の舞台と古戦場 | トップページ | 山行 蝉時雨の石棚山稜 檜洞丸その1 »

2013年6月11日 (火)

ドリームナイト・アット・ザ・カサイ

 6月8日(土)の夕刻、葛西臨海公園にやってきました。この日は、東京都の動物園協会が主催する「ドリームナイト・アット・ザ・ズー&アクアリウム」が開催されて、都内3動物園と1水族館が夕刻から障害児とその家族のために開放されました。以前、横浜動物園ズーラシアで参加したことがありましたが、(参照:http://yama-umi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-fba8.html)天然児は大の水族館好みなので、今回は葛西水族館を選びました。fish

P1090099 葛西臨海水族園 P1090093 ターボ全開で一騎駆け P1090098 ネズミの巣ですか

 葛飾柴又から環七通りを南下して、30分ほどで葛西に到着。開園時間よりかなり早く着いてしまったので、臨海公園内を散歩することにしました。他の場所ではひっくり返って抵抗する天然児ですが、雰囲気を汲み取ってウキウキくんになって水族館の外周を歩いてくれました。お散歩ワンコに手を出したり、イッチャリングのカップリングにちょっかい出したり。まあたまにはそんな刺激も必要でしょう。wink

P1090103 今回、私のツボはこの子。穴から出てきては大きな魚眼で人を観察していました。

 17時30分に入場開始となり入口は長蛇の列。神奈川県西部から来ているくらいですから、都下、千葉からワンサと来ているんでしょう。それにしても、いろいろな天然児がいるものです。ひっくり返って、自分の殻に籠って、車椅子やベットに寝たきりの子も。んーーー日頃、自分が人一倍苦労を背負っていると思っている山笑ですが、上には上がいるものです。子供たちや親たちが気兼ねなくゆっくり動物や魚を楽しむ夕べ。こういう機会はありがたいものですね。think

P1090119 泳ぐ~泳ぐ~オレたち~ P1090121 流れる汗は水に溶け・・・

 葛西臨海公園といえばマグロ!巨大な回遊水槽に1mほどのクロマグロがグールグール。自然界では2、30年は長生きして、体長は3m、体重400㎏にまで成長するそうですが、残念ながら飼育環境では壁面の衝突によって、最長寿命は9年だそうです。そりゃあ、何だって自然の姿が一番ですが、こうして天然児がマグロの泳ぐ姿を拝めるんですから有難いものですよ。

P1090109 いつかたどり着いたら、君の食卓にあがるだろ~♪(解体ショーではありません)

 葛西臨海公園には、アシカやイルカなどの海獣はいませんが、魚類の展示は世界中の海を再現していて、なかなかのボリュームです。しかーし、水族館=海獣の固定観念しかない天然児。ワクワクさんになって、先へ先へと進もうとします。こっちは魚をゆっくり観たいのにね・・・

P1090127 皆の衆飯の時間じゃ! P1090129 P1090133 オレにもくれ~

 天然児の期待は膨らむばかりなので、ここらで腹を膨らませて帰ろうということで、天然児たちのドリームナイトは終幕となりました。普段、山野を歩かせようとすると苦労しますが、意外と電車など刺激物の多い都内は楽かもしれませんね。ルートマッピング能力には要注意ですが。

P1090146 いや~楽しかったぞい。

« 映画の舞台と古戦場 | トップページ | 山行 蝉時雨の石棚山稜 檜洞丸その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/51996333

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームナイト・アット・ザ・カサイ:

« 映画の舞台と古戦場 | トップページ | 山行 蝉時雨の石棚山稜 檜洞丸その1 »