« 猛暑の地で涼しいウォーキング? | トップページ | 山行 ドンドコ行こうぜ沢歩き 鳳凰三山縦走その1 »

2013年7月20日 (土)

山行 涼しい早朝に歩こう 金時山

 暑い日が続くこの時季は早朝に目が覚めてしまうことがしばしば。7月14日(日)朝4時半起床。既に外は明るい。クーラーの効いた部屋で惰眠を貪る連中が起きてくるまでには、まだ数時間かかるだろう。涼しい朝のうちに体を動かしておくとしよう。

P1090695 アサギマダラ(蝶) P1090700 ホタルブクロ

 5時半に足柄峠まで乗り入れて林道のゲート前に車を停めた。既に多くの先行者がいるようで10台ほどの車が停車していた。稜線を歩くと、オカトラノオ、ヒトツバショウマ、ホタルブクロなどの白い草花が目だって咲いていた。正面に盛り上がった金時山が近づくと山頂から下ってきたグループとすれ違う。1年に何十回もこの道を歩く通称「金時講」の人たちであろう。

P1090672 猪鼻砦からの黒富士 P1090674 窪地には残雪が

 山頂直下の猪鼻砦からは富士山が大きく展望できる。真夏の真っ黒な姿ではあるが、窪地には残雪が残っている。8月中ごろまでにはほとんど消えるだろうが、一部は万年雪となって残る。連休の中日、多くの登山者が早朝から山頂を目指していることであろう。

P1090694 山アジサイ P1090677 丹沢の山並み

 猪鼻砦から山頂へ梯子場を交えた急登を一気に上がる。ブナ林からはすっかり聞き親しんだエゾハルゼミの合唱が聞こえていた。時折振り返ると、大室山、檜洞丸、蛭ヶ岳、塔ノ岳、大山と丹沢の山並みがはっきりと見えている。道端には山アジサイの花が目立っていた。

P1090681 新しい公衆便所 P1090686 山頂からの富士 P1090683 箱根中央火口丘と仙石原

 6時過ぎ、車を停めたゲートから40分ほどで金時山(1213m)の山頂に立った。山頂にの金時茶屋と金太郎茶屋のちょうど真ん中に新しい公衆便所が設置されていた。この山に登る登山者の数を考えると不可欠なものである。山頂では富士山をバックに記念撮影をするトレイルランのグループや金時茶屋で談笑する金時講の人たちなど、早朝から多くの人で賑わっていた。

P1090688 キジバト P1090692 ヤッホーい!

 早朝は空気も爽やか、遠くの山々もはっきり見えるので、登山にはぴったりの条件である。当に「早起きは三文の徳」である。7時前に車に戻り8時前には帰宅したが、我が家は未だ静まり返っていた。

★コースタイム:1時間15分

林道ゲート5:30→5:45猪鼻砦→6:10金時山(休憩)6:20→6:35猪鼻砦→6:45林道ゲート

« 猛暑の地で涼しいウォーキング? | トップページ | 山行 ドンドコ行こうぜ沢歩き 鳳凰三山縦走その1 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

金時山ですか。
以前は残念でしたが、機会があればご一緒させて頂きたく思います。
今日は二日酔いで死んでました・・・。orz

さて、26日~27日にかけて富士山登ってきます。
無謀かもしれませんが、頑張ってきます。

お誘いありがとうございました。
楽しい酒になったようですな。

それにしても富士山ですか。吉田ルートでしょうか?
今年は例年にない混雑だとか。
1泊なら大丈夫だと思いますが、とにかく高所登山は苦しいので
お子さん同伴なら無理のないようにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/52528200

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 涼しい早朝に歩こう 金時山:

« 猛暑の地で涼しいウォーキング? | トップページ | 山行 ドンドコ行こうぜ沢歩き 鳳凰三山縦走その1 »