« 暑さ本番!的様に会いに | トップページ | 猛暑の地で涼しいウォーキング? »

2013年7月18日 (木)

英霊よ安らかに

 7月16日(火)、帰宅途中に九段靖国神社の「みたままつり」に寄ってみました。「みたままつり」は明治維新から大東亜戦争までに亡くなった英霊の御霊を慰めるため、雪洞、提灯が夏の夜を飾り、境内ではねぶたや歌謡ステージなども行われる東京の名物祭りです。

130716_190159 賑わう境内 130716_194945 ルバング島から帰還した小野田少尉

 境内は人、人、人でごったがいしていましたが、その大半が10代、20代が占めていて、若者の多さにびっくりしました。キャーキャー賑やかしいのですが、彼らが足を運ぶことで「みたままつり」の本当の意味を少しでも感じてくれて、先人たちが死をとして国を、家族を守ろうとした思い、大東亜戦争とはなんだったのか、今も継続する周辺諸国との軋轢などを学んで、語り継いでくれたら良いなぁ・・・と思います。

130716_190245 有名漫画家作 130716_194957 あ、タモさんだ!

 境内の博物館・遊就館では特別展「大東亜戦争七十年展Ⅱ」が開催中で、ミッドウェー、ガダルカナル、アリューシャン、ニューギニアなど、大東亜戦争の転換点となった諸戦闘で亡くなられた方々の遺品が展示されていました。ミッドウェー海戦で空母「飛龍」を指揮して米空母「ヨークタウン」を撃破するも「飛龍」と共に運命を共にした山口多聞少将、アッツ島守備隊の指揮官で最後は片手に軍刀、片手に軍旗を握って敵陣に斬り込み戦死した山崎保代大佐ほか有名軍人から一兵卒に至るまで、軍刀、軍装、書簡、愛用品等々多種多様な物品が展示されていました。戦地から家族に宛てた手紙などを読むと思わず目頭が熱くなりますね。

130716_195108 若衆よ。過去を知り、日本の舵を取れ!

« 暑さ本番!的様に会いに | トップページ | 猛暑の地で涼しいウォーキング? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みたままつり行ったのか。
姉も行ってたみたいだけど・・・
どっかで会ってたとか?(゜∀゜)

え・・・あ・・・
どうりで背筋がゾクゾクしたわけだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/52498349

この記事へのトラックバック一覧です: 英霊よ安らかに:

« 暑さ本番!的様に会いに | トップページ | 猛暑の地で涼しいウォーキング? »