« 夕暮の浜辺にて | トップページ | 腸の中にあれが!? »

2013年7月31日 (水)

消えたがまちゃん

 梅雨時から我が家の猫の額にヒキガエルが居ついていました。雨がシトシト降る日には、嬉しそうにククッククッと鳴きながら歩き回り、夜は門灯の下でディナータイム。目にも留まらぬ早業で虫を捕食していました。パクッ!っと音がしたと思ったら、目の前にいたはずの蛾が消えているんですからすごいものです。

 また、晴れた昼間は底が抜けて庭に放置されている木のプランタの中で、丸くなって寝ている姿は何ともいえないキモ可愛さがあって、この「がまちゃん」を暖かく見守っていたのですが・・・

 そのがまちゃんが最近姿を見せなくなりました。気になるのは寝床であったプランタの近くに猫の糞らしきものがあったことです。猫の額に出入する小さな野良猫が2匹ほどいるのは確認していました。こいつらがバッタやトカゲを捕食している姿を見ていたので、もしや・・・嫌な予感が頭をよぎりました。

P1090756 がまちゃん

« 夕暮の浜辺にて | トップページ | 腸の中にあれが!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

繁殖期になって自発的に出て行ったのでは?

又戻ってくると良いですね!

それならば良いのですがね。ヒキガエルの行動範囲は結構広いようですしね。でも寂しいなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/52686502

この記事へのトラックバック一覧です: 消えたがまちゃん:

« 夕暮の浜辺にて | トップページ | 腸の中にあれが!? »