« 腸の中にあれが!? | トップページ | 鴨川シーサイド »

2013年8月 6日 (火)

シャチバスに乗って

 夏休みになって天然児と水族館を巡ってきましたが、第3弾はドリーム企画として、鴨川シーワールドに泊まって2日間どっぷりの海獣見物です。天然児との外出は体力的に骨が折れるので、我が家から現地まではドア・ツー・ドアでマイカーを使用するのが常道ですが、今回はあえて交通機関を使用することにしました。公共交通機関を利用することは天然児にとって社会勉強になると思いますが、それ以上の目的が今回はあります。

P1100251 シャチバス見参! P1100244 思わず振り返ってしまう

 東京から鴨川を結ぶ高速バスはほぼ1時間に1本の本数があるのですが、1往復だけシャチのラッピングバスが走っています。これに乗れば往復の道中からリゾート気分間違いなしです。このバスの魅力は外見だけでなく、バス会社と提携する鴨川、小湊の宿泊施設の宿泊客は片道千円で利用できることです。(ちなみに小人料金も同料金です。)

P1090967 レインボーブリッジからの風景 P1090965 出港するおがさわら丸

 満員のバスは10時に浜松町バスターミナルを出発して、アクアライン経由で房総半島に渡ります。アクアラインを渡った木更津からは山間部に入って、君津鴨川線とR410を南下して、鴨川保田線、通称長狭街道にぶつかると田園風景の中を東に進みます。シャチバスにウキウキくんの天然児だけでなく、普段はハンドルを握っている私も両手放しで車窓を思う存分楽しめるのが嬉しいですね。

P1100240 長狭街道の風景

 長狭街道沿いは千葉県下有数のブランド米である長狭米の産地です。狭隘な土地なので、大山千枚田で有名な棚田が多い場所でもあります。既に黄金色に色づいた田んぼの中をバスは進みます。ここまで来れば鴨川市内。目的地はもうすぐです。

« 腸の中にあれが!? | トップページ | 鴨川シーサイド »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/52761315

この記事へのトラックバック一覧です: シャチバスに乗って:

« 腸の中にあれが!? | トップページ | 鴨川シーサイド »