« 山行 夏ダレからの復帰 金時山 | トップページ | 山行 蜂に引かれて十二ヶ岳参り 御坂中央部その2 »

2013年9月 6日 (金)

山行 世界遺産は眺めて良し 御坂中央部その1

 8月31日(土)2時に起床。この時間なら八ヶ岳辺りまで行けるかもしれない。と、頭は遥か彼方に飛んでいく一方で体がなかなか乗ってこない。歳かな?いやそうではなかろう(と信じたい)悶々としながら1時間を無為に送って3時に出発した。せっかく早出したので、丹沢ではなくもう少し足を延ばそうと東名を西進した。御殿場辺りはどんよりと重たい雲が立ち込めて小雨まで降る始末。富士山御殿場口は諦めた。

 籠坂峠を越えて山梨県内へ。東の空が明るくなってきたので、目標を御坂山地に定めた。御坂山地は甲府盆地と富士五湖地域を隔てる、標高1500~1800mの稜線が東西に延びている。その何れのピークに立ったときにも、正面には堂々と大きな芙蓉峰(富士山)と麓に光る富士五湖という絶景を望むことができるため、展望登山で人気がある山塊である。

 今回はその中央部、富士五湖でいえばちょうど真中に位置する西湖と河口湖を隔てる尾根から入山して、毛無山~十二ヶ岳~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳を渡り歩き、西湖の西端に位置する根場いやしの里に下山して、バスで登山口に戻るルートに決定した。

P1100762 ここから始まる山歩き 

 4時半に河口湖と西湖を隔てる尾根下の文化洞トンネルに到着した。トンネル脇の登山口駐車場には1台車が停まっていた。まだ薄暗いのでのんびりと準備をしていると、先着の車の人が入山していった。それに勇気づけられ(というか、初めてのコースなので露払いをさせようという腹黒さも少々あったが)5時を少しまわってこちらも出発した。

P1100765 還ることのない英霊を偲ぶ P1100766 道中の安全を祈る心は昔も今も変わらない

 薄暗い樹林をジグザグ登るとすぐに尾根上に出た。毛無山と足和田山の分岐点である。足和田山は、そのなだらかな山容と御坂山地より更に間近で芙蓉峰を望める眺望を有した人気の山である。右手の毛無山方面に向かうと、すぐに峠道と交差した。文化洞トンネルが開通するまでは、この峠道を人が越えて交易していたことであろう。その峠には大きな忠魂碑と墓標が並んでいた。西湖周辺の集落から赤紙一枚で召集され、二度と故郷の土を踏むことがなかった方々のものであろう。「賞状 陸軍一等兵 何某 昭和19年10月南方にて壮烈なる戦死を遂げ忠を尽くせり 功により上等兵に特進させ 遺骨を故郷に届けると共に本賞状を授与する 陸軍大将山下奉文」こんな場面がその昔、この峠であったのかもしれない。

P1100769 明るく歩き易い尾根道 P1100776 とうちゃーく

 「ば~んだの桜か襟のいろ~ は~なは吉野にあらし~ふく~・・・」思わず軍歌を鼻で鳴らしながら急坂を登っていく。コナラ、アカマツ、モミなどの樹で覆われた尾根道に右手から朝日が差し込んできた。すがすがしい朝の山道。左手の西湖方面からは涼しい風が吹き付けている。勇ましく快調に登っていくと、樹林が開けてカヤトの原となり、間もなく毛無山(1500m)の山頂となった。英霊のご照覧あってか、意外と楽にここまでは来れた。

P1100773 毛無山の山頂。振り返れば・・・ P1100772 芙蓉峰!

 毛無山とは、山頂部に樹木がないことから名付けられた名称であろう。まぎらわしいことに、この御坂山地に程近い富士山の西側に連なる天子山塊の最高峰も同名で、200名山にもエントリーされているため、「毛無山」といえばそちらを指す人が多かろう。南が開けた毛無山山頂からは歩いてきた尾根の先に堂々たる芙蓉峰が望めた。8月最後の週末。天候にも恵まれて多くの登山者が山頂を目指していることであろう。世界遺産は登っても良し、そして眺めるも良し。最高のロケーションである。(つづく)

★コースタイム:1時間(毛無山まで)

文化洞トンネル5:00→6:00毛無山

« 山行 夏ダレからの復帰 金時山 | トップページ | 山行 蜂に引かれて十二ヶ岳参り 御坂中央部その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/53169791

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 世界遺産は眺めて良し 御坂中央部その1:

« 山行 夏ダレからの復帰 金時山 | トップページ | 山行 蜂に引かれて十二ヶ岳参り 御坂中央部その2 »