« 黒ピーちゃん再び | トップページ | 山行 塔ノ岳山頂の展望 表尾根その2 »

2013年11月29日 (金)

山行 丹沢表尾根の展望 表尾根その1

 11月24日(日)快晴の秋空の下、ヤビツ峠から塔ノ岳を経て丹沢山まで歩いてきました。雲ひとつなく眺望も最高でしたので、撮影してきた写真で展望を解説してみましょう。

Dsc01426 二ノ塔手前(逆光ですいません)

 ヤビツ峠から県道を少し下って、火災で焼失してしまった富士見山荘前の登山口から表尾根コースに入ります。しばらく暗い樹林の中を歩いていくと、やがて樹林から出て明るい尾根歩きになります。表尾根大展望ルートの始まりです。二ノ塔の手前のガレ場は最初の急登で息が切れますが、そんなときは休憩をいれて振り返ってみてください。東に大山が大きく、その右手には湘南の海岸線が望めます。

Dsc01430 Dsc01429 西 二ノ塔先の展望地

 二ノ塔(1144m)は眺望がイマイチですが、次の三ノ塔へ向かうとすぐに好展望ポイントがあります。西に裾野を広げた富士山が始めて姿を現す感動の場所です。南西方面に目を向けると、秦野市街の向こうに足柄平野、更に先には箱根連山、箱根から左に下って、相模湾に突き出た真鶴半島。その先には伊豆の天城連山が浮かんでいました。

Dsc01439 三ノ塔からの展望

 避難小屋の建つ三ノ塔(1205m)は、南西の展望は前述のポイントとそれほど変わりませんが、行く手にそびえ立つ表尾根の盟主塔ノ岳の雄姿が素晴らしい場所。振り返れば、ほぼ同じ高さの大山も近くに見えています。ヤビツ峠から1時間余、大倉から三ノ塔尾根経由で2時間ほどですから、ゆっくり登って、この山頂で展望を楽しみながら山ランチはいかがでしょうか。

« 黒ピーちゃん再び | トップページ | 山行 塔ノ岳山頂の展望 表尾根その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/54096738

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 丹沢表尾根の展望 表尾根その1:

« 黒ピーちゃん再び | トップページ | 山行 塔ノ岳山頂の展望 表尾根その2 »