« 丹沢雪化粧 | トップページ | 吾妻山の菜の花 早くも咲いてます! »

2013年12月24日 (火)

納竿はカワハギと人間のガチ対決

 今年も納竿会がやってきました。納竿として、この時季肝が大きくなって旬を迎えるカワハギを釣ってから、夕方から忘年会に突入するお楽しみ合宿企画です。しかし、開催前日の低気圧の通過による余波が残って、釣り場近くの館山の波浪は6mの予報です。さすがに船宿も心配して、前夜に意向確認の問い合わせがありましたが、館山の6mは房総半島先端の洲崎が6mで、船宿のある富浦辺りの内湾ではそれほどでもなかろうと決行を決断しました。一見、分析に長けた幹事ですが、実は幹事として一括購入していた餌のアサリのむき身を抱え込むのが恐ろしかっただけのこと。

 12月21日(土)は雲ひとつない冬晴れに恵まれて、房総半島からでも真っ白な富士山や雪化粧した丹沢の山並みが望まれました。集合場所の富浦豊岡港に9時半を少し遅刻してみれば、幹事以外は全員集合。まあ、一番遠いし、途中、都内のメンバー2人を迎えに寄ってきたのだから大目に見てね。何て言い訳を並べる前に、予報どおりに風と波浪があるので、船頭さん出船を遅らせてしばらく様子見を決めていたようです。

131221_094033 少し前まで波が背景の堤防を越えていたとか。

 天佑神助!しばらくすると急に風と波がおさまったので、10時過ぎに出船となりました。航程10分ほどの富浦の内海を出たところでスタートとなりました。水深は20m弱の浅場です。カワハギ釣りは枝針3本の胴つき仕掛に先述のアサリのむき身を餌としてつけます。人は貝の身を好んで食べますが、カワハギは肝の部分を狙って、おちょぼ口で餌をかじるので、なかなか針掛りせず「餌盗り名人」の異名がある魚です。よって、餌の付け方はカワハギ釣りの重要なポイントです。釣針を水管とベロに通して、針先が黒い肝に隠れるようにつけます。

 また、カワハギは好奇心の強い魚ですので、光りものを見つけると寄ってきます。そのため、仕掛にビーズなどをつけたり、集魚版という金属のプレートをつけるのが一般的です。水底近くを泳ぐカワハギは、特異な体型で上下遊泳が大の得意。上からフワフワと落ちてくる餌を見逃しません。おもりが水底に着いたときには、既に仕掛にまとわりついて餌を突っついているそうです。

131221_133451 こういう玩具がお好みらしい?

 案の定、着底後糸ふけを取ると、いきなりコツコツという鋭い当たりがあります。ここで合わせてもなかなか針掛りしないので、しばらく様子をみていると、パタリと当たりがやんでしまいます。?と仕掛をあげるときれいに餌はなくなっているのです。「餌盗り名人」の異名に恥じない妙技に脱帽です。

 カワハギ釣りは魚と人間の知恵比べです。序盤戦は久しぶりのカワハギ釣りなので、今ひとつ要領を得ず、魚に先手を取られて負けっぱなしです。しかし、私だって地球上で不動の地位を築いた人間様の端くれです。仕掛を小刻みに震わせるタタキや仕掛を水底に弛ませた後、聞き合せをするなど定番の誘いで挑戦してみると、ときに大きな絞込みがあって、見事カワハギを仕留めることができました。とぼけた顔したカワハギが水面に躍り出て、取り込まれたときに「キュー(やられた)」と鳴く?のです。某半島の映画で、ハルピン駅頭で狙撃された伊藤公が「あ~やられた~」とベタな台詞を唸るシーンを彷彿とさせました。

131221_1333483 戦争遺構が残る大房岬

 船は富浦湾北の南無谷沖から南の大房岬沖まで、小まめにポイントを変えながら探っていきます。終始当たりは多いものの、針掛りはなかなかしないのは誰もが同じようです。船のあちこちから「あれ?」とか「あちゃー!」と声があがりますが、カワハギに一杯食わされた瞬間なのです。魚と人とのガチ対決。カワハギ釣りにファンが多いのがうなずけますね。

131222_065154 夕日に浮かぶ芙蓉峰

 富士山が夕日に浮かび上がる16時過ぎに沖上がりとなりました。カワハギは手のひらに納まるワッペンサイズから25cmを超える大型まで、白っぽいのだったり、黒っぽいのだったりと水底の状況によって保護色になっているようです。12月は外気の冷え込みに比して水温が高いので、カワハギを触ると温かいんです。コイツらも生きているんだなぁ・・・としみじみしてしまいます。結局ワッペンサイズの数匹は再戦を約してリリースして、キモでお腹が膨らんだ大き目の7尾を釣果としました。

131222_161006 お刺身を肝ダレで♪

 メンバーからは「いやぁ、疲れる釣りだなぁ」との感想でしたが、それだけのめり込んでしまう釣りだということなのでしょう。その後、富浦の民宿「ぜんべい」に投宿して、お風呂で冷えた体を温めた後は、お楽しみ忘年会に突入です。今夜は飲むぞー!

« 丹沢雪化粧 | トップページ | 吾妻山の菜の花 早くも咲いてます! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

>某半島映画
・・・。このブログ見てる人の何人が解ることやら・・・。(滝汗)

ってか、土曜日は仕事でした。orz
行きたかったけどねぇ。

では、今年もあとわずか。色々お世話になりました。
良いお年をお迎えください!

そちらも楽しい納竿会よかったですね。
アジのお裾分け…というか、10尾もいただいちゃいました。
早速干物にしましたよ~♪
ありがっちょ~

ではまた来年、アテブレーベ オブリガード

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/54369432

この記事へのトラックバック一覧です: 納竿はカワハギと人間のガチ対決:

« 丹沢雪化粧 | トップページ | 吾妻山の菜の花 早くも咲いてます! »