« 山行 残雪を踏んで富士見登山 鍋割山 | トップページ | 海に浮かんだ富士山 »

2014年3月30日 (日)

爽快なスカイライン

 箱根峠から天城高原に向かって南北に連なる稜線には、伊豆スカイラインが通じています。クネクネとしたワインディングとアップダウンが連続するこの道は、慣れないと疲れるかもしれませんが、有料道路ともあってか、とかく渋滞しがちな海岸線の国道や東名にアクセスする中伊豆の道路に比して空いているので、渋滞回避に便利な道路です。正直なところ、山岳路なので迂回したところで時間はそれ程変わらないし、燃料も食うのですが、のんびり渋滞に加わるのが我慢できないイライラ君向けの道路です。

Dsc02669 遥かなる天城に向かうスカイライン
 この道路の良いところは、ハコネタケが繁茂する稜線を横目に大展望の爽快なドライブが楽しめることです。天気に恵まれれば、青空の下、西には田方平野と沼津湾、東には相模湾や初島を見下ろし、場所によっては富士山の美しい姿を望むことができるのです。

Dsc02670 沼津アルプスと沼津湾

 その中でも一番の展望は、スカイラインの起点である熱海峠から間もない滝知山の展望台です。ここからは360度の展望が得られるのですが、その中でも西側の展望は特出です。愛鷹連峰を前景にした富士山が大きく、遠くには雪を頂いた南アルプスの山並みを望むことができます。

Dsc02671 愛鷹連峰と富士山

 この先GW辺りになると、スカイラインの沿道は山つつじの赤い花で飾られることになります。その頃のドライブもまた格別です。

« 山行 残雪を踏んで富士見登山 鍋割山 | トップページ | 海に浮かんだ富士山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほ。
そろそろ仕事も落ち着くころですかね。
飲みましょう♪

了解

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/55582233

この記事へのトラックバック一覧です: 爽快なスカイライン:

« 山行 残雪を踏んで富士見登山 鍋割山 | トップページ | 海に浮かんだ富士山 »