« 飛び出せ!ムシムシキッズ | トップページ | 山行 オハヨーグルト大岳山 奥多摩三山その2 »

2014年4月27日 (日)

山行 浮気心に誘われて 奥多摩三山その1

 GW(といっても暦通り)の始まりは山か海か?迷った末に山を選択した。古女房のような丹沢も良いが、今年は奥多摩と道志山塊辺りもちょっかいを出していきたい。春の陽気に誘われた浮気山行第1弾は奥多摩方面とした。

 いわずと知れた東京都奥座敷、多摩川の源流部に広がる奥多摩の山域は、西から東に流れ下る丹波川~奥多摩湖~多摩川を境に北の石尾根と長沢背稜、南の奥多摩三山、笹尾根と大きく二分することができる。前者は1千~2千mの山が東西に連なり、西の奥秩父の山々に連なる奥深い山域で、後者は1千5百m余の三頭山を盟主として、秋川渓谷を挟んで北東、南東に尾根を下している。それぞれの尾根の末端には、御岳山、高尾山というもはや単なる山にとどまらない観光地を有している。

 今回、JR青梅線沿線の駐車場を起点として、先ずは御岳山、大岳山の犬神様信仰登山。更にこの時季の風物詩カタクリの花が群生する御前山に向かい、元気が残っていれば更に三頭山まで西進して、奥多摩三山を一気に縦走してしまおうという野心的な作戦を決行することにした。御前山と三頭山には立派な避難小屋があるので、山小屋泊も楽しんでみたいと思っていたのだが、かみの前では思っていても喉から声が出なくなってしまい、これは断念せざるを得なかった。

Dsc03073 ケーブルカー滝本駅

 3時半に自宅を出発。少しずつ白んでくる東の空を気にしながら圏央道を北上した。今はまだ愛川~高尾山間が未完成なので、一般道を走らねばならないが、6月末になればこの区間も開通するので、奥多摩方面はグッと距離が縮まる。それにしても夜が明ける前の道路はトラックが支配する世界である。24時間休むことがない物流の有難味を実感する場面である。こっちは遊びに出ているのだから益々恐縮である。

Dsc03074 駅前から参道に

 5時に多摩川沿いの市営駐車場に車を入れた。この駐車場の主であろうか、大きなどら猫に見送られて5時半少し前に出発した。御岳渓谷沿いの遊歩道を少し歩いた後、御岳山ケーブルカーの滝本駅方面に向かう。始発前の滝本駅前から御岳山神社の参道に入った。両側には杉の大木が並ぶ参道は、九十九折の急登であるが舗装はしっかりしていて、小型自動車ならば通行は可能な道である。

Dsc03081 杉並木の参道 Dsc03084 この道を毎日・・・

 寝不足もあってか、スタート直後はかなりしんどい登りであった。息を喘がせながら登っていくと、スクーターや軽自動車が下ってきた。御岳山山頂周辺には、古くから関東一円の信仰を集めていた御岳山神社を中心に土産物屋や御師屋敷と呼ばれる宿坊が集まって山上集落が形成されている。今となっては、そこから下界に通勤、通学する人たちもいるだろう。スクーターに乗った若い女性は1年を通じてこの急な参道をバイクで上り下りしているのだろうが、ライダーとして相当なテクニシャンだろう。でも冬場は凍結するだろうし、どうしているのだろう?御師の家に生まれた女子が下界に憧れて山を飛び出す。社会の荒波にもまれた傷心の彼女は、山に戻り御師屋敷の女将になることを決意する。う~ん、朝ドラかアニメになりそうなネタだ。

Dsc03087 御師屋敷 Dsc03089 御岳山神社

 山上集落に入ると、早起きして神社に参拝した帰りなのであろう学生の集団が下ってきた。修学旅行で御師屋敷に宿泊しているのかもしれない。ワイワイガヤガヤと早朝の山でこうも賑やかな集団に出会うとは思ってもみなかった。自分も高校の修学旅行は合掌造の家屋で有名な富山県五箇山の相倉集落に宿泊したっけなぁ・・・若いっていいなぁ・・・(つづく)

« 飛び出せ!ムシムシキッズ | トップページ | 山行 オハヨーグルト大岳山 奥多摩三山その2 »

登山、ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/55964743

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 浮気心に誘われて 奥多摩三山その1:

« 飛び出せ!ムシムシキッズ | トップページ | 山行 オハヨーグルト大岳山 奥多摩三山その2 »