« 水面に浮かぶ桜並木 | トップページ | 由比港のかき揚げ丼 »

2014年4月 6日 (日)

蒲原さくらまつり

 「春は三日の晴天なし」なんてよく言われますが、桜が満開になって以来ずっと雨続きでした。4月5日(土)はやや雲が多いものの天気がもちそうだったので、お花見ドライブに出かけました。身延山方面に向かったものの、第二東名の新清水ICまで来たところで気が変わって、R52を清水方面に向かいました。

Dsc02828 薩埵峠は富士山の好展望地

 駿河湾を望む興津からR1を富士方面に少し戻って、サクラエビで有名な由比辺りをぶらつくことにしました。南アルプスから別れた安倍山稜が駿河湾に落ちるのが、かつての東海道の難所薩埵峠。山が海岸線まで迫り出したこの場所では、狭隘な海岸線を東名、R1、JR東海道線がそろって通じています。

 由比漁港で名物サクラエビが入ったかきあげ丼を食べようと思ったのですが、R1が由比の集落をバイパスしてしまい、ひとつ先の蒲原地区まで行ってしまいました。でも、ただでは転ばない山笑。この蒲原で偶然桜まつりに出くわしました。

Dsc02818 山が桜色に染まる Dsc02823 花見を楽しむ地元の皆さん

 JR新蒲原駅近くの標高152mの低山御殿山には600本ものソメイヨシノが植えられています。これが今ちょうど見ごろを迎え、山が桜色に染まってそれは見事なものでした。山麓の八坂神社の境内には郷土グルメなどを販売する出店が並び、満開の桜の樹の下で地元の人たちが宴席を設けてそれは賑やかでした。やっぱ春は花見やね~♪

Dsc02813 本当は山に登りたかったが・・・

 注意すべきは祭会場に駐車場がないことです。誘導のおじさんに尋ねると「駐車場はないよ」と素っ気なく言われてしまいましたが、このおじさん。「どっから来たの?」と聞いてきたので「神奈川から」と答えると、「じゃあ俺が見ているからここに停めていきな」とすぐそばの空き地に誘導してくれました。何とも人情味のある対応、ありがとうございました。

« 水面に浮かぶ桜並木 | トップページ | 由比港のかき揚げ丼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468968/55670918

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲原さくらまつり:

« 水面に浮かぶ桜並木 | トップページ | 由比港のかき揚げ丼 »